実は洗えていない部位があるかも!?親子で完ぺき手洗いを!

2017/01/26 18:00
自分の洗い方で完ぺきだと思っていたのですが、指先と親指の付け根、手首、これら3つの部位がきれいに洗えていない可能性が高いのだそうです。子ども自身が完ぺきに手洗いするのは難しいので、フォローすることが大切だと感じました。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
体験談
風邪予防

 

こんにちは。ママライターの田中由惟です。わが子が通う幼稚園で「インフルエンザ」が流行中です。予防策のひとつである「手洗い」ですが、洗えていない可能性が高い部位が3つあるのをご存じでしたか?今回は、手洗いを見直したわが家の体験談をお伝えします。

 

そもそも基本の手洗いって?

 

まず、私が子どものころから行っている手洗いからご紹介します。手の平をたっぷりの泡で洗います。左右の手の平を合わせて右手を上に、左手を下へと交互に動かしながらスリスリ。次に手の甲を手の平で洗います。最後に左右の指と指を組んで、指の間をゴシゴシしたら水で洗い流します。

 

これらの洗い方で完ぺきだと思っていたのですが、実は洗えていない部位が3つもあることが判明したんです。

 

手首、指先、親指が洗えていない!?

 

そんな私に、完ぺきな手洗いを教えてくれたのは6歳の息子でした。インフルエンザが流行するなか、幼稚園の先生から教わったようです。私が行っている手洗いプラス、指先と親指の付け根、手首を洗う必要があったことを知りました。

 

実は子どもに限らず、これら3つの部位がきれいに洗えていない場合が多いのは、大人も同様なんだそうです。これを機に親子で完ぺき手洗いを目指すことにしました。


ママが子どもの手洗いをフォローする

 

子ども自身が完ぺきに手洗いするのは難しいので、フォローすることが大切だと感じています。指先を洗うときは、手の平に片方の爪を立てるようにしてゴシゴシ。親指の付け根は片方の手で握り、上下にグリグリ洗います。最後に片方の手で手首を握って洗いました。すすぎも入念に!

 

接触感染で広がることも多いのが感染症です。外から帰ったときや食事前、トイレ後など、意識的に行いたいと思います。

 

 

正しい手の洗い方を6歳の息子から教わるとは思いもしませんでした。言われてみると、私自身もきれいに洗えていなかったと痛感しています。とくに小さなお子さんは手洗いがじゅうぶんにできないので、フォローを忘れずにしたいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。