抱っこひもをスッキリ収納!カンタン抱っこひもカバーの作り方

2017/01/22 18:00
まとまりにくい抱っこひもを抱っこひもカバーでスッキリさせましょう。材料を用意したら、抱っこひものサイズを計測し、布をカット。アイロンで折り目をしっかりと付けたら、縫う順番に気を付けながら縦横縫います。縦部分にゴムを通して両端を縫い、スナップボタンを3カ所付けて完成です。
カテゴリ│
グッズ
中カテゴリ:
抱っこ紐
手作りグッズ

 

こんにちは。ママライターの田中麻奈です。育児必需品の抱っこひもですが、使わないときにまとまらなくて邪魔になった経験はありませんか?そんなときのために、とってもカンタンな抱っこひもカバーの作り方を紹介します。

 

材料を用意しよう!

 

まずは材料を紹介します。

 

●お好きな布(抱っこひもをぐるっと一周包めるくらいの大きさ)

●ゴム35㎝×2本(パンツや帽子用のものでOK)

●スナップボタン3個

●ハサミ、ミシン、アイロン、チャコペン、メジャー

 

以上の物が準備できたら早速作っていきましょう。

 

布は先に抱っこひものサイズを測っておくと無駄なく購入することができますよ!初心者の方の場合、伸びやすい布はずれて縫いにくいので、あまり伸びない素材の布を使うと縫いやすいと思います。

 

抱っこひものサイズに合わせて作ろう!

 

①まとめた状態の抱っこひもの「縦にぐるっと一周した長さ」と、「横の長さ」を測ります

②計測した「縦一周+5㎝、横+10㎝」の四角形を布にチャコペンで書きます

③②で書いた線より縫い代分4㎝くらい外側をハサミで切ります

④縫い代を折り込みアイロンで折り目をしっかり付けます

 

ポイントとして、縦部分にゴムを入れるので、横→縦の順番で折り、縦に縫う部分にゴムが通せるかを確認してくださいね。

 


ミシンで縫おう!

 

①アイロンで折り目をしっかり付けたら、まずは横の部分(上下2か所)を縫います

②縦の部分(左右2か所)を縫います。縫った後、ゴムを通す穴をつぶしてしまわないように注意しましょう

③縦の部分にゴム(35㎝)を通し、端を縫いつけます

④抱っこひもに巻き付けられるように、スナップボタンを左右真ん中3か所に縫い付けて完成です!

 

 

抱っこひもカバーでお出かけの荷物もスッキリします。かわいい柄の抱っこひもカバーでママの気分も上がるといいですね。(TEXT:ママライター田中麻奈)


  • 11
  • 5
  • 7
  • 4

既にクリックしています。

  • わかりにくすぎる。。

    2017/01/23 12:43
  • わかりにくいです。。。、

    2017/01/24 11:34
  • 全然分からない

    2017/01/29 20:06
  • この説明文だけだと、普段から裁縫する人でなきゃわかりにくいと思う。

    2017/03/22 14:58
  • 説明下手すぎます…わかりません。

    2017/07/05 16:35
  • 説明よく分かりましたよ。シンプルで分かりやすいと思います。

    2017/07/25 00:47
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:25
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • このコメントは削除されました。

    2017/08/19 07:26
  • 展開図載せてくれたら目で見て分かるのに、文面からだと頭使ってイメージして…、んっ…jQuery18205569761679793022_1503095010722←いまここ

    2017/08/19 07:26

この記事にコメントする

残り2,000文字

グッズの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。