油断禁物!年末年始のニンプの体重管理

2015/12/10 12:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

12月といえばイベントがたくさんありますよね?忘年会にクリスマス会など、ついついカロリーの多いものを食べる機会が多いのですが、何も考えずに食べてしまうと妊婦に落とし穴になってしまうことも。

 

イベント外食は週に1回に

パパと二人の最後のクリスマス、女友達との忘年会など、年末年始は外食の機会が増えます。確かに、赤ちゃんが生まれたらなかなか外食はできなくなるので、ここぞとばかりに豪華なディナーに行きたくなると思います。でも、連日のように行くのはやめましょう。外食はカロリーだけでなく、塩分過多になってしまうことも多いです。豪華な外食は週に1回程度にしましょう。外食でも、和食や定食などバランスのとれたものの場合はOKです。

 

生チーズや生肉には要注意

妊婦さんに年末年始気をつけてほしいのは「リステリア菌」。リステリア菌は、食中毒の一種で免疫力が低下している妊娠中はかかりやすいと言われています。感染すると胎児に影響をおよぼしたり、流産になる可能性があると言われています。リステリア菌に注意が必要な食材は、冷蔵庫に長期間保存され、加熱せずそのまま食べるもの。具体的には下記になります。

 

【気をつけたい食材】

・ナチュラルチーズなどの乳製品

・生ハムなどの食肉加工品

・スモークサーモンなどの魚介類加工品

 

食べ過ぎたあとには調整食を

塩分やカロリーオーバーの食事をした翌日は調整食を心がけましょう。とは言っても妊娠前のようにいきなり断食や果物のみ、野菜ジュースだけなどはNG。炭水化物をやや減らして、糖分や油分が少ないメインと副菜を選ぶようにして。

 

 

妊娠中の体重管理について>>

 

年末年始はついついだらけてしまいますが、毎日体重を計りましょう。できれば血圧も計るようにすると体の状態がわかっていいですね。体重と血圧はお家で出来る簡単な健診の1つです。

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。