車を拒否!グズらず座ってもらうためにわが家で導入したコト・モノ

2017/01/30 22:00
車に乗るのを拒否するようになった2歳の息子。大人しくチャイルドシートに座ってもらうために、ポータブルDVDプレイヤーや歌絵本などを購入し車内で楽しい時間を過ごせると覚えてもらいつつ、時間などに迫られても大人は明るい声掛けで楽しい雰囲気を作ることを大切にしています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
イヤイヤ期

 

こんにちは。ママライターの小林夏希です。わが家の長男は、2歳になると車に乗るのを拒否するようになりました。今回は、そんないやがる息子に効果があった、チャイルドシートに座るよう実践したことや購入した物などをご紹介します。

 

まずは笑顔!大事だったのは雰囲気

 

息子は、保育園に行くときなど、こちらがイライラしたり「今日も泣くかな……」と不安な気持ちでいたりすると、その気持ちが伝わってなのか泣くことが多いです。

 

そこで、「行くぞ!おー!」「ゴーゴー!」と声かけするなど、楽しい雰囲気をつくるように心がけました。

 

また、最もいやがっていた車に乗る瞬間は、何か質問するなどして気を引くと効果てきめん!最初のころは、声かけだけですんなり乗ってくれることも多かったです。

 

買ってよかった!長時間の移動もこわくない

 

しかし、それでも遠出の際やどうしても機嫌が悪いときには、声かけだけでは難しく、ずっと気になっていたポータブルDVDプレイヤーを購入しました!

 

購入したのは、車のヘッドレストに付けられるタイプのポータブルDVDプレイヤー。わが家では、「ブーブでミッキー見ようか」と誘うと、今のところほぼ100%乗ってくれています。見せすぎには注意が必要なので、本当に困ったときにだけ使っています。本当に買ってよかったと思っています。


お歌を歌って楽しくドライブ!

 

最後は車に乗せるために購入したわけではないですが、効果的だったのが歌絵本でした。一見、絵本のようですが、開くとボタンなどがあって音楽が流れるおもちゃです。

 

大好きな歌が入ったものを持っていたので、それを持って「ブーブで歌おう!」と誘うとうれしそうに乗ってくれました。車の中なら、どんなに大声で歌っても迷惑にはならないのでご機嫌で歌っています。長時間の移動でグズったときにも、これはなかなか役立ちました。

 

 

あくまでわが家の場合ではありますが、どんな方法でも車に乗るのは楽しい!と感じられるように導いてあげるのがいちばんだと実感しています。これからも車内の時間を楽しめるよう、工夫していきたいと思っています。(TEXT:ママライター小林夏希)


  • 3
  • 1
  • 1
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。