【体験談】産後はくれぐれも安静に!難産で体調不良になってしまいました

2017/02/04 13:00
1人目を出産した際は、かなりの難産で体調不良になりました。赤ちゃんのお世話で動かざるを得ないですが、昔から言われるとおり、産後は安静にして、目はあまり使わないほうが良いということを実感しました。無理をした結果、2カ月後には自律神経失調症になってしまいました。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
出産
産後
吸引分娩

 

こんにちは。ママライターの石原みどりです。「出産は、何が起こるかわからない」とよく言われます。私の場合、2人出産して2人とも難産でした。とくに1人目を出産した際は、かなりの難産で体調不良になりました。今回は、そのときの体験談をお伝えしたいと思います。

 

自然分娩にこだわりすぎないのも大事

 

私の場合、妊娠中の経過は順調でしたが、体重は少し多め、背も低く骨盤も狭かったようです。今は技術が発達しているので、帝王切開でも安心だと聞いていましたが、自然分娩を希望しました。

 

その結果、33時間の難産で、母子ともに死にかけてしまいました。出産は何が起こるかわからないものですが、自然分娩にこだわらず、先生とよく相談して、出産方法を検討したほうがいいと感じました。

 

難産でがんばった結果の体調不良

 

産後は体が動かせない状況で点滴を何本も付けられ、とにかく横になっていました。翌日には動けるようになりましたが、体がとても重く、トイレに行くのがやっとでした。顔はむくんで内出血を起こしていて、黒目の周りが赤く充血し、焦点が合わない状態が数日続きました。

 

赤ちゃんのお世話で動かざるを得ないですが、昔から言われるとおり、産後は安静にして、目はあまり使わないほうがいいということを実感しました。


産後はくれぐれも安静に!

 

難産に加え、赤ちゃんも体調が悪かったこともあり、産後も毎日が大変で、休むことができずにいました。そして、2カ月後には自律神経失調症になってしまいました。

 

 

1人目のときのことを教訓に、2人目のときはしっかりと休ませてもらいました。その結果、とても産後の肥立ちがよかったです。このような経験から、産後はしっかりと休むことを姉妹や知人に伝えています。(TEXT:ママライター石原みどり)


  • 0
  • 0
  • 2
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。