【体験談】SNS式出産法!?陣痛の合間や出産前のつぶやきがくれたもの

2017/02/03 08:00
以前から使っていたSNS。ふと何気なく「おしるしかな?」の呟いた所、タイムラインにいた先輩ママさんたちからリアルタイムで出産に当たっての体験談やアドバイスを受けたのです。それらを胸に無事に出産。深夜になった出産報告にも祝福の言葉をいただきました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
ママ友
出産報告

 

こんにちは。ママライターの半田あきらです。SNSを利用しているママも多くいることと思いますが、どのような使い方をしていますか?私は初めての出産のとき、SNSがとても活躍しました。そのときの体験談をお伝えします。

 

「うーん、おしるし……?」そのつぶやきに

 

私はもともとSNSに複数登録していました。繋がっている友人も実際にお付き合いのある方ばかり。学生からベテラン主婦まで幅広く繋がっていました。

 

そんなタイムラインへ投下した「うーん、おしるし…?」という私のつぶやき。初めての出産ということで、私は不安ながら何気なく書き込んだのでした。

 

すると先輩ママさんたちからの「おなかの張りはどう?」「私はおしるしから数日かかったよ。あせらないで」などのコメントが私を安心させてくれました。

 

先輩ママからの「お風呂沸かしておくといいよ」

 

そんななか、「お風呂沸かしておくといいよ」というママさん。私は疑問に思いながらも、始まった陣痛の合間を縫ってお風呂場掃除をしていると、陣痛が短くなり、10分間隔になったので産院へ電話をしました。

 

すると、電話で「お風呂に入ってください」という指示が!入院前の説明でそんなことは聞いていなかったのでびっくり。ママさんいわく、「私も言われたんだー。用意してなくて私はあせったからなー」とのこと。おかげであせることなく入浴できたのは言うまでもありません。


いよいよ出産!行ってきますのその前に……

 

陣痛の間隔は短くなり、産院へ向かうため、車に乗り込みました。主人が運転しているため、陣痛の合間にまたつぶやき。

 

すると、「がんばれ」の声に混じって「以前も言ったけど……」というママさん。「陣痛は長くても1分ない、ゆっくり深呼吸を5回もすれば収まるからね」。そう、このとき私がすっかり忘れていたアドバイスでした。もう一度、直前に教えてくれた先輩ママさんのアドバイスを胸に、その日の深夜、無事に出産したのでした。

 

 

よろこびと感謝を乗せて、出産後にもつぶやきました。すると深夜に関わらず、おめでとうの言葉たち。さらに地球の裏側にいる友人からも。このとき改めて、SNSは使い方によって人生の彩りになるのだな、と思いました。(TEXT:ママライター半田あきら)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。