「子宮卵管造影検査」ってなに?こわい?痛い?~私の場合~

2017/02/03 12:00
不妊治療の一環として行われる子宮卵管造影検査。「卵管がきちんと通っているのか」を調べる「検査」ですが、そのために造影剤を卵管に通すため、狭まっている場合には拡張する「治療」でもあるとの説明でした。私が実際に検査を行った日には、私以外にも検査する人がおり、それぞれの反応はまったくバラバラでした。
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
妊活
妊娠
病院

 

こんにちは。ママライターの半田あきらです。私は不妊治療をして子どもを授かったひとりです。今回は、不妊治療のなかでも、とくに印象深い「子宮卵管造影検査」について、私の体験談をお伝えします。

 

不妊治療はなかなか成果が出ずに……

地元の産婦人科から、大きな生殖医療センターへ移っても不妊の原因も見つからず、毎月のように行っていた治療。半年もすると、医師から「こうした治療法がありますがどうですか」と案内されたのが「子宮卵管造影」という検査でした。

 

子宮卵管造影検査は「卵管がきちんと通っているのか」を調べる検査です。ただ、そのために造影剤を卵管に通すので、卵管が狭まっていた場合は、卵管を拡張し、結果としては妊娠しやすくなる「治療」でもある、という説明でした。

 

私が体験した子宮卵管造影検査の流れ

私の通院していた病院では、予約者数人が順番に検査を進めて行くという方法でした。そのため、私が検査を行った日には同時に5人の方がいました。

 

まずはバルーンを膣内に挿入、これは違和感があるものの、まったく痛くはありません。そして、レントゲン室へ歩いて移動します。順番が来ると室内で検査です。

 

私の場合は造影剤が注入されるに従い、感じたことのないくらい体の内部が痛くて、熱くて、呼吸すらできないほどでした。


 

子宮卵管造影検査は痛いの?痛くないの?

ところが、私と違って一緒に検査した人の反応はさまざまでした。私が平気だったバルーン挿入でぐったりとしてしまった方もいれば、検査後も平然としている方もいました。

 

聞いてみると、5人しかいなかったというのに反応は本当にバラバラでした。私はというと、検査後も重苦しい痛みを3日程引きずってしまい、仕事にも影響して大変でした。

 

 

子宮卵管造影検査のあと、私は妊娠することができたので、治療が功を奏したのかもしれません。痛みは人それぞれ。「やってみなくちゃ分からないこわさ」はありますが、治療としては成果があったのかなと思いました。(TEXT:ママライター半田あきら)


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。