妊婦に見られる便秘の症状とは?先輩ママが実践した便秘解消法とその効果

2017/02/07 08:00
私は、妊娠中の便秘に対して決まった時間にトイレに行くことや適度な運動を心がけること、また体を温めることを心がけました。便秘解消法を実践した結果、2.3日出ないことが当たり前だった私が毎日出るようになりました。個人的に効果を感じたのは、トイレの習慣化です。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
体験談
便秘

 

こんにちは。ママライターの手塚みくです。妊娠前と妊娠中では体質が変わることも多く、その変化に驚く女性が多いといいます。そのなかでも便秘は、妊娠中の悩みごとのひとつです。妊娠中はできる限り薬を避けて、自然に解消したいですよね。そこで今回は、私が妊娠中に実践した便秘解消法を紹介します。

 

妊娠中になりやすい便秘の原因

 

妊娠中の便秘には2種類あるといわれています。妊娠初期は、ホルモンバランスにより便を下に押し出す力が弱まり、つわりによる食欲低下で消化の力も弱まることが原因と考えられます。妊娠中期になると、子宮が大きくなることで大腸が押され、便が出にくくなります。

 

私はおもに妊娠中期に便秘に悩まされました。おなかが大きくなるにつれて、便意なのかおなかの張りなのか曖昧で、トイレに行くことが億劫になってしまったのです。

 

妊娠中の便秘解消法

 

便秘解消法はいくつかあります。産院で下剤を処方してもらう人もいますが、妊娠中はむやみに薬を服用したくなかったので、赤ちゃんや体に負担をかけない方法を探しました。

 

たとえば、トイレの習慣化のために決まった時間にトイレに行くことや適度な運動を心がけること、または体を温めることで代謝を促すことがあげられます。私はこれらを実践しました。とくに、体を温めるために飲んだよもぎ茶は香りも香ばしく、すぐに体がポカポカになって効果がありました。


便秘解消法を実践した効果

 

便秘解消法を実践した結果、2~3日お通じがないことが当たり前だった私が毎日出るようになりました。

 

個人的に効果を感じたのは、トイレの習慣化です。私は、朝食後にリラックスしながらトイレに行くことを心がけました。おなかに力を入れすぎずにトイレに行きます。出なくても思いつめずに毎日続けることが大切でした。また、体を温めることは、便秘解消だけでなく、つわり改善につながったと思います。

 

 

便秘を早く解消したいと思いながらも、おなかの赤ちゃんへの負担が気になると悪循環になりやすいです。そうならないためにも自分に合った生活改善を心がけましょう。心も体もスッキリさせることが、快適なマタニティライフにつながりますよ。(TEXT:ママライター手塚みく)


  • 2
  • 0
  • 0
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。