誰がどうやって決める?わが家の名付けトラブル

2017/02/09 13:00
我が家には、2人の息子がいます。上の2人の息子は神社で名前をもらって付けました。しかし、3人目の息子はどうしても自分で名前を考えたく、妊娠中から名付け本とにらめっこしていました。しかし、同居している義母は何かと口出しをしてくるのです。このままでは、自分で考えた名前がつけられないと思い、義母を説得し、名付け親になることができました。

カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
名づけ

 

こんにちは。ママライターの手塚みくです。生まれてきた子どもの名付けは責任重大ですよね。私は自分の子どもの名前を考え、決めることを楽しみにしていました。しかし、実際は……。わが家で起きた子どもの名付けトラブルをご紹介します。

 

子どもの名前はどうやって決める?

 

子どもの名前は妊娠中から考えていたり、生まれてきた子どもの顔を見てから決める親もいます。もちろん、親だけでなく、祖父母や親戚が名付けることもあります。名前を考える方法はさまざまです。

 

名前に使う文字も、親の名前の文字や好きな漢字を使用したり、好きな芸能人やキャラクターの名前を使用したり、名字とのバランスや画数で決めたりと、いろいろな選択肢があります。

 

私自身は、名字とのバランスと画数を重視し、誰からでも呼ばれやすい名前を考えていました。自分がわが子の名付け親になる、それが私の夢でもありました。

 

子どもの名付け親は誰?

 

わが家には、2人の息子がいます。自分で名付けたい気持ちがある一方で、上の2人の息子は神社で名前をもらって名付けました。もちろん、その2人の名前も大切な名前です。しかし、3人目の息子はどうしても自分で名前を考えたい!そう思って、妊娠中から名付け本とにらめっこしていました。

 

そんなときに、何かと口出しをしてきたのは同居している義母です。このままでは、自分で考えた名前が付けられないと思い、対策を考えました。


子どもの名前を決めた瞬間

 

 

私は、妊娠中に子どもの名前について義母と話すことを避けていました。そして、出産のために入院していたときに、初めて名付けの話をしました。由来や名字とのバランス、画数も説明して説得を試みました。

 

その結果、3人目にして名付け親になることができました。人に名付けてもらった名前ももちろん大切ですが、子どもの名前を自分で付けたいという夢を叶えることができて幸せでした。

 

 

子どもの名前は一生ものです。名付け親が誰であれ、わが子に対する愛情は変わりません。私の場合は義母を説得することができましたが、子どもの名付けは家族で平和に考えたいものですね。名前の由来や意味も大切ですが、何よりわが子の誕生を家族でよろこび、子どもの成長を見守っていく気持ちを大切にしたいと感じました。(TEXT:ママライター手塚みく)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

  • わが家には、2人の息子がいます。と書かれてますが、3人ではないのですか?

    2017/02/21 21:46

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。