意外!?アフリカなのに寒い「モロッコ」の子ども服

2017/02/04 22:00
アフリカに位置するモロッコも、冬になれば、日本ほどではないにしても、寒くなります。モコモコのブーツを履き、しっかり帽子を被せられている子どもを多く見ます。私から言わせると、外より厚着をしたいのが家の中。そのため、とても暖かい厚手のフリース上下がよく着られています。ニット帽の上に、コートについているフードも被せられている子どももよく見ます。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
ファッション

 

アフリカに位置するモロッコ。サハラ砂漠を擁していることからも、「一年中暑い国」と思われがちですが、日本と同じように四季があります。冬になれば、1月、2月は日本ほどではないにしても、寒くなります。山の方では雪が降る地域もあります。今回は、モロッコの子ども服についてご紹介します。

 

親が過保護なほど!?子どもは厚着

とはいえ、日本の寒さに比べればやはり暖かいモロッコ。昼間であれば、厚手のコートがいらない日もあります。

 

しかし、暑さよりは寒さに慣れていないのでしょうか。昼間でも、モコモコのブーツを履き、しっかり帽子を被せられている子どもを多く見ます。娘が帽子を被っていないと、「寒いから、被せなさい!」とよく言われます。

厚手のフリース上下が大活躍

 

私から言わせると、外より厚着をしたいのが家の中。日光が遮断される石造りの家で、暖房器具を使わないモロッコ人。家の中が底冷えします。

 

そのため、とても暖かい厚手のフリース上下がよく着られています。もちろん、子ども用にもたくさんの種類があります。このフリース上下、日本人からすると、寝巻きのようにも思いますが、大人も子どももこの格好で外出します。


 

首もともしっかり暖かく!

ニット帽の上に、コートについているフードも被せられている子どももよく見ます。これは、とにかく「首もとを暖かくする!」ということを大事にしているから。

 

厚手のフリース上下もとても首もとが詰まっているので、着るのに苦労します。そのため、娘はとても着るのをいやがります。娘が首もとの空いている服を着ていようものなら、これまた「首まわりを暖かくしなさい!」と注意されます。

 

電気代が高く、暖房をあまりつけないモロッコ人。それゆえ、衣服で暖かくする、というこだわりは日本人以上なのかもしれません。(TEXT:ヒロコ ラメッシェ)


  • 0
  • 3
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。