妊娠初期におりものが変化!量や色の変化の様子と対処法

2017/02/15 08:00
妊娠前は排卵期におりものシートを使用していましたが、妊娠初期には比べものにならないほど量が増えました。臭いの変化は感じませんでしたが、妊娠初期のおりものは今までより水っぽくなり、透明なものになりました。おりものの量が増えたことに悩んでいた私は、清潔に保つことを心がけました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
妊娠
妊娠あるある
おりもの

 

こんにちは。ママライターの手塚みくです。おりものについて悩みを持つ女性は多いのではないでしょうか。私は、生理前後の変化に合わせたケアのみ行っていました。そのため、妊娠初期のおりものの変化に戸惑いました。そんな私が経験したおりものの変化とその対処法を紹介します。

 

妊娠初期のおりものの量の変化

 

妊娠初期の症状のひとつにおりものの量の変化があります。私自身は、生理予定日前からおりものの量が増えたと感じていました。そのときは妊娠に気付く前でしたが、出てくるおりものの量に驚きました。

 

妊娠前は、排卵期におりものシートを使用していましたが、妊娠初期には比べものにならないほど量が増えました。ふとした瞬間にどっと出るのを感じ、トイレの回数が増え、そのたびにおりものシートを替えていました。

 

妊娠初期のおりものの色の変化

 

妊娠初期は、おりものの量だけでなく、においや色に変化が現れる女性も多いといいます。私は、においの変化は感じませんでしたが、妊娠初期のおりものは今までより水っぽくなり、透明なものになりました。

 

そのため、下着に浸透しやすくなり、不快感を感じることが多くなったことを覚えています。

 


妊娠初期のおりものの対処法

 

おりものの量が増えたことに悩んでいた私は、清潔に保つことを心がけました。おりものシートの交換はもちろん、できるときに下着の交換を行い、ムレないように気を付けました。

 

ただ、ゴシゴシ洗いはしないように注意しましょう。私は病院に行った際に、やさしく洗うように忠告されました。神経質にならずに、ムレやかぶれを気にする程度でとどめることが大切だったようです。

 

 

妊娠は、女性の体にたくさんの変化をもたらします。妊娠初期のおりものの変化は、その妊娠による体の変化のひとつです。洗いすぎには注意しつつ、しっかりおりものの対処をして清潔に保つよう心がけたいですね。(TEXT:ママライター手塚みく)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。