新米ママの最初の壁!夜間授乳の上手な乗り切り方

2017/02/16 22:00
夜間授乳は結構つらいもの。私も産後まもなくはつらくて泣いていました。母乳にこだわらず、ミルクを足すことによって少しだけですが長く寝てくれるようになりました。ママだけでなくパパにも授乳の役割分担ができるので、ママも気楽になりますよ。また、授乳以外の入眠儀式を見つけることもおすすめです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
体験談
授乳
母乳

 

 

こんにちは。ママライターの小林まなみです。私がママになってつらかったのは夜間授乳。産後まもなくはつらくて泣いていました。同じ悩みを抱える新米ママに、私が実践した夜間授乳の乗り切り方をご紹介します。

 

夜間授乳は3時間ごとが正しい?

私は完全母乳で育てたかったので、3時間ごとの夜間授乳を守っていましたが、そのうち体力と気力の限界で常にイライラするように。

 

そんなとき、母に「つらいならミルクもあげたら?あなたはミルクで育ったけれど健康体だった」と言われました。ミルクは母乳よりも腹持ちがよく、母乳ほど頻繁にあげなくてもいいのだそう。経験者の母のひと言で、寝る前にだけミルクを足すことにしました。すると、少しだけ長く寝てくれるようになり、私も気楽になりました。

 

ミルクを足すことでパパに役割分担できる

母乳での授乳だとママにしかできない仕事なので、ママばかりが大変になりがちです。しかし、ミルクならママ以外でも授乳できますよね。そんなときに頼りになるのがパパの存在です。

 

私の友人の中には、夜間授乳をしていた時期は母乳とミルクを半々にして、ミルクをあげるときは旦那さんに任せていた人もいました。そうすればママが休める時間も増え、パパも積極的に育児に参加できて一石二鳥です。

 


入眠儀式を授乳から別の方法に変えてみる

小さい赤ちゃんは、授乳をするとよく寝てくれるので、授乳を寝かしつけに使うママは多いと思います。ただ、それでは授乳しなければ寝てくれなくなる可能性も大きいです。

 

夜間授乳がつらいというママは、授乳以外の入眠儀式を見つけるのがおすすめ。私が実践したのは背中をトントンして寝かせる、ママが赤ちゃんを抱っこしながらバランスボールに座ってゆらゆらする、ママが仰向けに寝てその上で赤ちゃんの背中をトントンすること。すべて効果大でしたよ。

 

 

夜間授乳は慣れるまでは結構つらいもの。イライラは赤ちゃんにも移るといわれているので、なるべくストレスフリーで過ごしたいですね。いろいろな方法を試して、自分に合う授乳スタイルを見つけてくださいね。(TEXT:ママライター小林まなみ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。