じいじやばあばが子どもを甘やかしすぎるとき

2015/08/07 10:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

こんにちは。助産院ばぶばぶ院長 HISAKOです。私は2014年10人目の子どもを出産しました。現在進行中の子育て経験を活かし、これから妊娠出産を迎える女性やママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく活動中です。今日は、「祖父母が子どもを甘やかし過ぎるとき」についてお話しします。

 

年寄りっこは三文安い?

先日、某育児雑誌の取材で「『年寄りっこは三文安い』ということわざをどう思われますか?」という質問を投げられました。「ばぁちゃん子は三文安い」など、微妙に言い回しが違うバージョンもあるみたいです。

祖父母に甘やかされて育った子は、他の子よりも人間的な値打ちが低い=三文安いという意味で、根気がなく贅沢をしがちで困る、すぐ他人を頼る子になる、ということわざです。「三文」っていうのはわずかばかりのお金のこと。「早起きは三文の徳(得)」の「三文」と同じ使い方ですね。

 

 

甘やかしすぎるじいじやばあばにイライラ

じいじやばあばは孫には甘くなりがちです。「子どもが欲しがったらなんでも買い与えたり、食べさせたりするのはやめてほしい」というママたちからの相談を、よく聞くことがあります。子どもも2〜3歳になると、誰だったらおやつをくれるのかがわかるようになるので、甘やかしてくれるじいじやばあばになつくようになることもあるでしょう。ママたちは、自分がしつけのためにやっていることをなんだか否定された気分になってしまうこともあるのでしょうね。
 

異なる愛情をいっぱい受けて子どもは育つ

自分以外の人になつく子どもを見て、悲しくなったり、なんだか不愉快な気持ちになったときこそ、自分がママであることを思い出してください。ママと子どもは普遍的な愛で結ばれているから大丈夫。たとえ今、じいじやばあばにべったりしていたとしても、それは一時的なもの。パパやママはパパやママなりの愛情を、じいじとばあばは、じいじとばあばなりの愛情を子どもに注いであげることが大切です。みんなで力を合わせそれぞれの立場で子どもに関わっていけば、子どもはパパやママからも、じいじやばあばからもそれぞれ異なる愛情をいっぱい受けて、すくすくと育つと思います。

 

 


著者:助産院ばぶばぶ院長 助産師 HISAKO

総合病院小児科・産婦人科・NICU病棟勤務を経て、地域での助産師活動・出張専門『助産院ばぶばぶ』を開業。2006年には来院ケアも可能な「助産院ばぶばぶ」をオープン。2014年10人目出産し、ママたちに元気と勇気をおすそ分けすべく母乳育児支援や講演活動、書籍出版など多岐にわたって活動中。

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード