赤ちゃんってお刺身はいつから食べられるの?

2017/02/17 22:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
食べていいもの悪いもの
食生活

 

こんにちは!離乳食インストラクターの中田馨です。わが家は、何かパーティーがあると、手巻きずしをするのでお刺身は大活躍です。さて、そんなお刺身ですが、赤ちゃんは食べることができるのでしょうか?

 

赤ちゃんにお刺身はNG?

赤ちゃんはお刺身を食べない方がいいでしょう。その理由は、生ものには寄生虫や雑菌があるためです。大人は大丈夫でも、内臓機能が未熟な赤ちゃんは食中毒などになることもあります。

 

何歳から食べてもいいの?

「お刺身を何歳から食べてもいい」という明確なものはありません。諸説あり、3歳からという意見もあれば、7〜8歳からという意見もあります。3歳を過ぎても、子どもに興味がなければ与えなくていいと思います。

 

たとえば、わが家の場合。息子は4歳前にお刺身に興味を持ち、食べ始めました。娘は6歳になって初めて興味を持ち食べ始めました。

 


食べるときの注意点

子どもにお刺身を与えるときの注意点をお話しますね。

 

1.新鮮なものを与える

子どもにはとくに、新鮮なお刺身を与えるのが基本です。初めて食べるときは、病院が空いている時間だと、より一層安心できると思いますよ。

 

2.心配な魚はやめておく

アレルギーを引き起こすなど、心配がある魚は、生で与えるのはやめておきましょう。また、噛みちぎりにくい、イカ、タコなどはしっかりとカミカミできる年齢になるまで控えた方が安心ですね。

 

3.最初はひと口から

お刺身で食べたことのない魚は、ひと口から食べることをおすすめします。最初から多量に与えない方が安心ですね。

 

4.体調観察

食べ終わったら、体調の観察をしましょう。下痢、じんましんなどが出た場合は、お刺身が原因かもしれません。

 

5.肉の刺身は子どもには与えない

肉の刺身を子どもに与えるのはやめましょう。肉の刺身は、その子が大人になってから、自分の意思で食べるものと捉えたらいいと思います。

 

お刺身はルールを守り、お子さんの体調が万全なときに食べましょうね。


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。


  • 9
  • 3
  • 8
  • 2

既にクリックしています。

  • とりあえず大きくなるまではお刺身は食べさせないようにしよう・・

    2016/03/18 18:08
  • もう孫だけですが大変良い勉強しました。

    2016/03/18 18:28
  • もうすぐ3歳になる子どもがいて、そろそろかな?と思っていましたが、お刺身は栄養的に絶対食べなきゃいけないものでもないので、
    子どもが食べたがるまで、もう少し様子見しようと思いました。

    2016/03/20 14:01
  • もうすぐ3歳になる子どもがいて、そろそろかな?と思っていましたが、お刺身は栄養的に絶対食べなきゃいけないものでもないので、
    子どもが食べたがるまで、もう少し様子見しようと思いました。

    2016/03/20 14:01
  • 生ものはちょっとこわいよね(´・ω・`)

    2016/03/26 01:40
  • ありがとうございました( ´ ▽ ` )ノ

    2016/03/29 18:13
  • 勉強になります( ´ ▽ ` )ノ

    2016/03/29 18:13
  • 鹿児島では鳥刺し(鶏肉の刺身)が一般的でしょっちゅう食卓に並ぶのですが、いつから食べさせても大丈夫なのでしょうか・・・。
    大人になってから自分の意思で食べるのをとても待てる状態ではありません。
    焼いたものをあげているけれど、やはり大人が食べているものを食べたがるのですよね(ToT)

    私が小さな頃は漁業の盛んな町で暮らしていたので、もう3歳頃からお魚のお刺身は大好きでよく食べてましたよ。


    2016/03/31 16:11
  • うちは蕎麦も生卵も刺身もエビカニも1歳過ぎたら関係なく食べてます、と言うか、ひい婆ちゃんが食べさせていました。
    そのおかげか、皆ただの体質なのか、病院知らずで全く何もありませんし、めったに病気もしません。
    逆にちゃんと年齢守ってやってる義妹の子の方がアレルギー体質。
    その子の体質もあるけど、必ずしも基準を守らないと…って訳でもないですよね。

    2016/04/06 00:41
  • 娘は1歳からお刺身大好き。
    2歳だけど、風邪や病気まだ一つも無し。
    予防接種のみしか病院に行ってない。

    2016/04/12 18:01
  • それぞれ体質の違いもありますから難しいですね。
    1~3歳でお刺身を食べても大丈夫だったという子は結果として大丈夫だっただけで、食べたから病気にならない、というほどの年齢でもないでしょう。
    万が一ということもあるので、できるだけ大きくなるまでは積極的に食べさせない方が間違いはなさそうですね。

    2016/04/14 15:35
  • はっきり線引きできるものではないということですね。食文化との兼ね合いもあり。
    日本には「刺身、寿司」という生食文化があるから生食用の魚が販売されているのですし。
    もしもそういう食文化のない国でしたら一生食べさせなくてよいのでしょう。
    しかしここは日本で、生食文化のある国です。家庭以外で食事をする機会はいずれ必ずあります。学校給食で刺身や寿司(生魚を使ったもの)が出ることはまずないでしょうが。
    「積極的に食べさせる」「○歳までは禁止」というのではなく成長に応じて「食べられるようになるのを見守る」くらいのスタンスで良い、ということだと思います。

    ちなみに私はあまり早くから与えるのは反対でしたが、2歳前に夫が与えてしまい、あっ…と思ったけれど見守ってました。特に問題はありませんでした。
    だからみんなも大丈夫!とは言わないけれど。

    2016/09/22 17:55
  • 間違いのない育児なんてないよ。
    与えてみた。大丈夫だった。それはそれでいいじゃない。

    なに一つ間違わないように…なんて、子どもも親も息がつまりそう。

    2016/09/23 08:35
  • 一つ上の方のコメントに同意です。
    今は情報社会で大変便利な反面、何が正解なのかにこだわってしまって、私自身 息がつまる思いも感じています。

    子どもの健康・安全面に最大限の注意をはらう努力をしつつも、可能な場面では大らかに、臨機応変に子育てしていけたらいいなと思います。

    2017/04/15 23:56

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。