先輩ママが教える!感染性胃腸炎の意外な感染経路とは!?

2017/03/20 12:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
胃腸炎

 

こんにちは。ママライターの半田あきらです。毎年、冬になるとこわいのが流行性の病気。とくに、免疫力がまだ低い子どもと、いろいろとお出かけに行かざるを得ない世帯はこわいですよね。今回は、そのなかでもノロウイルスやロタウイルスに代表される、感染性胃腸炎の意外な感染経路についてご紹介します。

 

感染予防と消毒

実は先日、私は感染性胃腸炎に感染してしまいました。受診の際に、医師から話を聞き、感染予防の消毒と意外な感染経路について知ることができました。

 

そもそも、感染性胃腸炎の原因となるウィルスは、インフルエンザウイルスなどと異なり、アルコール除菌もできなければ、温度湿度で防げるものでもないとのこと。キッチンハイターなどに代表される塩素系の漂白剤での消毒が有効とされているのだそうです。

 

意外な感染経路1「貸し出しベビーカーやカート」

 

1つ目の意外な感染経路は、百貨店の貸し出しベビーカーやスーパーのカート。 施設側で閉店後などに消毒やふき取りをしているとは思いますが、借りる直前にどのような子が乗っていたのか、誰にもわかりません。

 

なるべく使用しないか、ベビーカーを使う場合は一枚、タオルや上着などでカバーするだけでもかなり違うそうです。カートもさっと軽く拭き取るだけでも、リスクは下がるのだとか。

 


意外な感染経路2「おむつの交換台」

2つ目の意外な感染経路は、おむつの交換台。盲点なのが、おむつの交換をしてから授乳することによって、感染する確率が高くなるという点なのだそうです。

 

授乳室とおむつ交換台が隣接している施設は多く、おむつの交換をしてから授乳するママも多いのではないでしょうか?授乳が菌が体の中に入ってくる機会となってしまい、感染する可能性があるのだそうです。

 

おむつ交換台を使用する場合、直接赤ちゃんを乗せずにシートを1枚敷くこと、必ず手を洗ってから授乳すること。この方法で、感染のリスクを少しでも下げられるのだそうです。

 

 

感染力のとても強い感染性胃腸炎は、ひとりでも罹患すると、家族全員に感染する可能性の高い危険な病気。なるべくお家に持ち込みたくないものですね。意外な感染経路に気を付けて、外出してくださいね。(TEXT:ママライター半田あきら)


  • 2
  • 0
  • 2
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。