産後ママを襲うツライ便秘!先輩ママが実践した解消法3つ

2017/03/21 13:00
便秘解消のため、1日2Lのペットボトルのお水を飲み干すことを目標に。自分専用のボトルを用意すると摂取量がわかっておすすめです。難消化デキストリンを摂取するため、粉末の難消化デキストリンを買って、オリジナル飲料を作って飲んでいました。また、オリゴ糖も積極的にとるように心がけました。1日にティースプーン5杯程ほどをコーヒーや紅茶に入れて摂取しました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
体験談
産後の悩み
便秘

 

こんにちは。ママライターの上原りなです。産後ママの悩みのひとつに、「便秘」があるのではないでしょうか。ホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレスなど、原因はさまざまです。今回は、子育て中の私が試して、効果を感じた便秘解消法をご紹介します。

 

まずは自分の水分摂取量を知る!

まず私がはじめたことは、自分の「1日の水分摂取量を知ること」です。2Lのペットボトルを用意して、そのペットボトルのお水で1日の水分補給をします。1日にどのくらいの水分を摂っているか確認しました。結果、自分では水分を多く摂る方だと思っていたのですが、意外にも半分ほどしか飲んでいないことがわかりました。

 

水分不足は、最もシンプルな便秘の原因なのだそうです。まず私は、1日で2Lのペットボトルを飲み干すことを目標にしました。自分専用のペットボトルを用意すると、どれだけ水分補給をしたのか一目瞭然なのでおすすめです。

 

難消化デキストリンを摂取する!

難消化デキストリンは食物繊維の一種で、糖や脂肪の吸収をおだやかにすることでダイエット効果が期待でき、整腸作用もあるといわれています。水分を抱え込んで保持する性質があるため、便をやわらかくし、便の量も増やしてくれるのだそうです。

 

トクホ飲料やダイエットサプリメントなどに含まれていますが、私は節約のため、難消化デキストリンの粉末を買ってオリジナル飲料を作って飲んでいました。

 


オリゴ糖を積極的にとる!

オリゴ糖とは善玉菌を増やし、腸内環境を整えてくれる効果があるといわれています。調味料、野菜、果物などにも含まれていますが、オリゴ糖を配合したサプリメントやシロップなども販売されています。私は、シロップを1日にティースプーン5杯ほど摂取していました。

 

コーヒーや紅茶に入れたり、砂糖の代わりに料理に使ったりと、いろいろな使い方ができますよ。純度の高いオリゴ糖なら、赤ちゃんの便秘解消にも使えます。

 

 

便秘解消のために、適度な運動と規則正しい食生活ができればいいのですが、家事に育児に忙しいとなかなかそうもいかないですよね。つらく苦しい便秘ですが、自分に合った便秘解消方法を見つけて、ふだんの生活に取り入れていきましょう。(TEXT:ママライター上原りな)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。