帝王切開後っていつから動ける?運動はしていいの?

2017/03/20 08:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:
体験談
産後
帝王切開

 

こんにちは。ママライターの青海真理子です。私は帝王切開での出産を、2回経験しました。私が出産した産院では9対1で自然分娩の出産なので、帝王切開の人は週に1人か2人ほどの割合でした。今回は、私が体験した帝王切開後の様子をお話したいと思います。

 

帝王切開の術後1日目から歩行可能

 

帝王切開の当日の術後は、起き上がることは不可能です。その日は1日ベッドの中で過ごします。術後1日目になると、麻酔が切れて下半身が動くようになるので、血栓防止のために起き上がり、歩行訓練をしなければなりませんでした。

 

とにかく痛い!おなかの中に赤ちゃんはもういないはずなのに、まるで大きな岩でも入っているのではないかと思うくらい体が重く感じて、思うように動きませんでした。

 

帝王切開後でもできる産後エクササイズ

 

産後、気になるのは、妊娠期間を経てたるんでしまった体ですよね。産後エクササイズを調べても、出てくるのは自然分娩の人を対象にした情報ばかりでした。

 

その中で、帝王切開の人でも、入院中にすぐにできる産後エクササイズがありました。「足首の曲げ伸ばし」と「肛門のひきしめ」です。肛門のひきしめは、仰向けの体制で膝を軽く曲げ、肛門をギュッと締めるだけです。術後2日目からできるのでおすすめですよ。

 


帝王切開後、いつから運動可能なの?

 

私は、無事に帝王切開での出産を果たし、約1週間の入院を経て退院の日を迎えました。退院前に医師の診察を受けた際に、術後の過ごし方を聞いたところ、入浴は1カ月間禁止、10kgを超える重い荷物は1カ月間は持たないこと、運動は1カ月後にウォーキングから始めるよう指導されました。

 

とにかく術後1カ月は安静に過ごし、その後は無理のない範囲で少しずつ運動をすることがポイントです。

 

 

帝王切開後の過ごし方。まずは安静を心がけましょう。そして、安静に過ごさなければならない期間でも行えるエクササイズを取り入れながら、のんびりと子育てを楽しみましょうね。(TEXT:ママライター青海真理子)


  • 0
  • 1
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。