子どもをちょっと預けたいときの味方!ファミリー・サポート・センター

2017/02/26 21:00
カテゴリ│
制度・支援
中カテゴリ:
子育て支援

 

ママだって、たまには美容室に行きたいし、友だちとゆっくりお茶もしたい。赤ちゃんを気軽に預かってくれる人が近くにいればいいけれど、夫が多忙で不在がちだったり、実家が遠方だと困ってしまいますよね。そんなママの強い味方が「ファミリー・サポート・センター」です。

 

どんなサービスなの?

市区町村などの自治体が運営する「ファミリー・サポート・センター」とは、育児の援助を受けたい人(利用会員)と、援助を提供したい人(援助会員)が助け合う会員組織のこと。子どもを預かってほしいとき、保育施設の送迎をしてほしいとき、民間のベビーシッターと同じようなサービスが受けられます。

 

費用はどれくらいかかるの?

自治体によって少し違い、1時間700円〜900円くらいが目安です。このほか交通費や食費がかかったら、実費を支払います。民間のベビーシッターは1時間1,500円以上が相場なので、比べてみるとかなりリーズナブル。自治体によっては2人目が半額になるサービスもあります。

 

どんな人に援助を依頼できるの?

援助会員には資格の有無を問わないので、子育て中のママから、ひとり暮らしのおばあちゃんまで、さまざまな人が登録しています。「家が近所の人がいい」「同年代の子どもがいる家庭がいい」「子育て経験が豊富な人がいい」など希望があればリクエストできます。

 


登録してから利用するまでの流れ

利用をするにはいくつかのステップがあります。まず、月1回行なわれる説明会に参加をすること。その後、必要書類を提出して登録が完了をしたら、センターから希望に合う援助会員を紹介してもらいます。

 

次に、センターの職員が間に入って援助会員宅で顔合わせをするので、このときに「気が合いそうな人か」「子どもの扱いに慣れているか」「安心して預けられる家庭環境か」など、気になるところを確認しましょう。顔合わせがうまくいったら会員同士が連絡先を交換し、そのつど預けたい日程のやりとりを行ないます。

 

利用するときに気をつけることは?

援助会員はあくまでも“有償ボランティア”なので、ベビーシッターのようにすべての要望にこたえるのは難しかったり、突然の依頼だと相手の都合がつかなかったりすることもあります。

 

ただ、実家が遠方にあるママにとっては、育児のサポートをお願いできる人が近所にいると心強いもの。すぐに預ける予定がなかったとしても、登録をしておくだけでいざというとき安心できます。

 

 

いかがでしたか? だれでも簡単に登録ができるので、興味のある人は住まいの自治体に問い合わせてみましょう。(TEXT:妹尾香雪)

 


  • 0
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。