【妊娠中のつわり対策】会社のデスクでササッと食べられたおすすめおやつ

2017/04/20 08:00
妊娠3~4カ月ごろ、食べづわりがあったので、こんにゃくゼリーやグミ、キャンディなどをデスクに常備していました。私がおやつを選んだポイントは、さっぱりした味であること、食べるときに音があまりしないこと、におわないこと、こぼれないこと、ゴミが最小限であることなどです。これらのおやつは、食べづわりが収まったあとも間食として活躍してくれました。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
おすすめ
おやつ

 

こんにちは。ママライターの石川ゆりです。私が妊娠3~4カ月のころは、いわゆる食べづわりの状態で、仕事中にパソコンを打っていても、ふとしたときに空腹感と胸のむかつきに襲われました。そんなときにササッと会社のデスクで食べられた、おすすめのおやつをご紹介します。

 

会社のデスクで!つわり中のおやつ選定ポイント

つわり中は、ポーチのなかに何種類かのおやつを常備していました。そして、仕事中に空腹で気持ち悪くなると、そこからおやつを取り出してササッと口に放り込み、胸のむかつきを抑えていました。

 

そんなデスクで食べるおやつを選ぶ際には、いくつかの選ぶポイントがありました。それは、さっぱりした味であること、食べるときに音があまりしないこと、におわないこと、こぼれないこと、食べたあとのゴミが最小限であることなどです。

 

つわり中によく食べていたおやつたち

実際によく食べていたおやつは、こんにゃくゼリー、グミ、レモン味の葉酸キャンディ、のどアメなどでした。葉酸キャンディは、アカチャンホンポで購入したもの。葉酸が入っているうえに、さっぱりとしたレモン味も好みで、よく口にしていました。

 

また、ちょうどつわりの時期が風邪や花粉症が流行するころだったので、のどアメはのどをケアする手段としても活躍してくれました。


おやつはつわりが終わってからも大活躍!

つわり中によく口にしていたおやつは、比較的、低カロリーのものが多かったので、つわりが終わってから、妊娠中に甘いものが食べたくなったときにも活躍してくれました。

 

また、私が通っていた産院から、「入院時の荷物として、陣痛の間に食べる軽食などもあるといい」と言われましたが、おにぎりなどの生ものは事前に準備できないので、こんにゃくゼリーを入院セットに入れて、備えていました。

 

 

妊娠中は、食べたいものがふだんと変わることがよくあります。つわりの症状に合わせて、カロリーや塩分に気を付けながら、自分好みのおやつを楽しんでみてくださいね。(TEXT:ママライター石川ゆり)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。