毎日食べたい!妊活応援レシピ~ビタミンA~

2017/06/13 08:00
皮膚や粘膜をつくる細胞づくりに欠かせないのが、ビタミンAです。とくに、妊娠初期にビタミンAが不足すると、粘膜が弱くなっておなかの赤ちゃんが感染症にかかりやすくなるという報告もあります。妊娠したいと考え始めたら、毎日どんな料理を食べればいいのか。今回はビタミンAがとれる、おすすめのレシピをご紹介します。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
レシピ
妊活食
作り方
栄養

 

皮膚や粘膜をつくる細胞づくりに欠かせないのが、ビタミンAです。とくに、妊娠初期にビタミンAが不足すると、粘膜が弱くなっておなかの赤ちゃんが感染症にかかりやすくなるという報告もあります。妊娠したいと考え始めたら、毎日どんな料理を食べればいいのか。今回はビタミンAがとれる、おすすめのレシピをご紹介します。

 

市販のもずく酢を使っているのでかんたん!

もずくのさっぱり香味酢の物サラダ

by nacoさん

 

ビタミンAが含まれているにんじんを使ったこちらのレシピは、市販されているもずく酢を使っているのでかんたんに作ることができる一品です。もずくのような海藻類は、水溶性食物繊維が含まれています。便のかさや量も増やすはたらきがあるので、とくに便秘気味の人にはおすすめです。ビタミンAの摂取量をアップさせるために、ネバネバ食材でおなじみのモロヘイヤをプラスするのもおすすめです。

 

低GI食品のそばをのり巻きで!

カツオのそば海苔焼き

by hanaco さん

 

ビタミンAはもちろん、かつおに含まれている鉄やビタミンB群などもとることができるレシピ。妊娠しやすい体づくりのためには、低GI値の食品を摂ることが大切です。GI値とは、食品がどれだけ血糖値を上昇させるかを示す指数です。そばは低GI値の食品で、とくにそば粉100%のものは、糖の吸収がゆるやかなのでおすすめです。

 

ボリューム満点のエスニックサンド!

ポークジンジャーバインミー

by 國塩亜矢子さん

 

バインミーとは、ベトナムのサンドイッチのこと。豚肉と卵をつかったこちらのサンドイッチは、バゲットを使っているのでかみごたえもあり、ボリューム満点の一品です。卵は、たんぱく質、ビタミンA、ビタミンB群などがバランスよく入っている優秀食材です。ビタミンB1の多い豚肉と合わせることで、糖質の代謝もスムーズになります。

 

 

体のすみずみにまでじゅうぶんに栄養が行き渡るためには、それぞれの栄養素の働きを知り、毎日組み合わせながら食べ続けることが大切です。ビタミンAは、にんじんやかぼちゃのような緑黄色野菜のほかにも、レバーやうなぎにも含まれています。いろいろな食品を組み合わせながらしっかりとりましょう。

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

  • ビタミンAは
    妊娠初期の過剰摂取で
    胎児奇形のリスクもあるので
    気を付けた方がいいですよ?
    レバーや鰻は…注意した方がいいと思います。

    2017/06/15 10:24

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。