【体験談】2人目ベビーの沐浴。こんな工夫でスムーズになった!

2017/06/27 22:00
赤ちゃんの沐浴。上の子のときに経験があったため、下の子のときもとくに心配していませんでした。ところが「一緒にお風呂に入りたい!」と騒ぐ2歳の上の子への対応が大変!でも、あることを工夫することでスムーズに沐浴ができるようになったんです。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
お風呂
体験談

 

赤ちゃんの沐浴。上の子のときに経験があったため、下の子のときもとくに心配していませんでした。ところが「一緒にお風呂に入りたい!」と騒ぐ2歳の上の子への対応が大変!でも、あることを工夫することでスムーズに沐浴ができるようになったんです。

 

赤ちゃんのころからお風呂が大好きな上の子

上の子は赤ちゃんのころからお風呂が大好き。それこそベビーバスで沐浴をさせていたころから、お湯につけると「ふ〜」とでも言いそうな、とても気持ちよさそうなリラックスした表情を見せていました。

 

2歳になってもお風呂好きは変わりません。毎日30分以上、たっぷり遊びながら入っていました。シャワーやシャンプーもいやがったことがなく、そういう点では助かっていたのですが……。

 

下の子の沐浴中「一緒に入りたい!」

下の子が生まれ、沐浴のためにベビーバスの準備をしていると、上の子が「一緒にお風呂に入りたい!」と言ってきました。しかたなく一緒に入ると、いつものようにお風呂用のおもちゃで遊び始めた上の子。

 

下の子の沐浴は5分ほどですぐ終わり、上の子をお風呂にひとりにしておくわけにもいかず、「もう出るよ」と声をかけました。ところが「イヤ!」の一点張り。タオルで包んだ下の子を抱えてあせりながら必死の説得です。こんなことが数日続きました。

 


沐浴は上の子が寝てからすることに

「お風呂は夜にね」と言っても「イヤ!」。「赤ちゃんと一緒にすぐ出ようね」と言っても「イヤ!」。ほとほと疲れてしまい、結局、下の子の沐浴は上の子が寝てからすることにしました。

 

上の子は真冬生まれだったので、沐浴は少しでも暖かい時間にと思い、日中にしていましたが、下の子は初夏の生まれ。考えてみれば、とくに昼間に沐浴しなければいけない理由もなく、夜にすることで落ち着きました。

 

 

下の子の新生児期は、上の子のイヤイヤ期と赤ちゃん返りも重なってかなりハードでした。上の子のときはそれほど苦労しなかった沐浴も、下の子のときは工夫が必要でしたが、それも2人が小学生と幼稚園児になった今ではいい思い出です。(TEXT:ママライター奥田美紀)

 


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。