魔の2歳児は2歳のときだけじゃない!?わが家の奮闘エピソード

2017/06/03 20:00
次女は、1歳半から4歳ごろまで魔の時期がありました。意思がはっきりとしていて、話をできるようになってもわかってあげないと暴れる日々。出かけるまでに時間がかかり、困ることも多かったのでイライラすることも多かったです。そこで早めに準備するように心がけるとこちらも気持ちに余裕が出て、気長に相手をすることができました。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
イヤイヤ期

 

わが家には、2歳違いの姉妹がいます。長女のときは、魔の2歳児の時期はさほどなく、その点で困ることはありませんでした。ただ、次女のほうが長い長い魔の時期が続いて、試行錯誤の日々を送ることに。今回は、そのときに気を付けたことなどをお伝えしたいと思います。

 

魔の時期が早かった次女

次女は、上の子と同じことをしたいという気持ちもあり、1歳半ごろから言動が激しくなりました。意思がとてもはっきりとしているうえに、まだ言葉が話せないので気持ちをわかってあげられず、思うようにならないと次女は暴れました。

 

抱っこしても暴れるばかりで手のつけようがなく、最初のうちはこちらもイライラすることが多かったのですが、そんなときは少し離れて様子を見ていると、次女も騒いでスッキリするようで落ち着きました。

 

その時期が、さらに長く続く

言葉を少しずつ話すようになり、魔の時期も落ち着くかなと思ったのは間違い。言葉がはっきりしないので聞き返すと「なんでわかってくれないの!」と怒ることが毎日、何度も繰り返されることに。服が気に入らず何度も着替える、自分で何でもしたがるなど一日中騒いでいる状況でした。

 

さっきまでご機嫌だったのに、急に怒り出すこともあり、次女に気を遣う日々。だんだん騒ぐ回数は減ってくるものの、そんな日々が4歳近くまで続きました。


気長に相手をすることが大事

そんななかで気を付けたことは、早め早めに行動すること。出かける予定があったら、予定より30分早く支度を完了するつもりで準備すれば、次女がグズっても余裕を持って対応できます。そうすることで、イライラ感も減り、落ち着いて対応することができました。

 

こちらが落ち着いていれば、わりと子どもも落ち着くものなのかもしれません。自立したい面と甘えたい面があるようで、時間を作って気長に相手することが大事だと思います。

 

 

魔の2歳児は、自立心を養う時期といいますが、実際に相手をするのは大変なこと。なので、気持ちに余裕を持てるよう心がけて、対応できたらいいのではないかなと思います。(TEXT:ママライター石原みどり)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。