頻繁に起きる子どもの夜間授乳をやめたい!私のとった行動とは!?

2017/06/07 21:00
夜間授乳、大変ですよね。私はただいま3人の子育て中ですが、3人とも夜間授乳に悩まされました。半年を過ぎたぐらいから2時間おき、ひどいときは朝方1時間おきぐらいに夜間授乳をしていました。そんなつらい状況から脱出するために、私がした強い決意と行動の実体験をお伝えします。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児の悩み
授乳
母乳
卒乳・断乳

 

夜間授乳、大変ですよね。私はただいま3人の子育て中ですが、3人とも夜間授乳に悩まされました。半年を過ぎたぐらいから2時間おき、ひどいときは朝方1時間おきぐらいに夜間授乳をしていました。そんなつらい状況から脱出するために、私がした強い決意と行動の実体験をお伝えします。

 

なぜ頻繁に起きるようになったのか?

どちらかというとわが子は、生後1カ月~5カ月ぐらいまでは3~4時間という授乳間隔だったのですが、離乳食始めたころから、夜中に頻繁に起きるようになりました。

 

育児相談をしたところ、「離乳食が始まってミルクの量もだんだん減っていき、お母さんが思っているほど、おなかがいっぱいになっていないのかもしれない」とのこと。寝る前にミルクを増やしてくださいと指導を受け、即実行しました。

 

原因はほかにもあると発覚!

ミルクを飲むことで、眠ってから次に起きるまでの時間の間隔は空きました。しかし、朝方3時、4時から1時間おきに起きるように……。

 

そのため、再度相談することに。添い乳がクセになっていて、起きたときにおっぱいがないと泣いてしまう。そこでまた添い乳をして寝かせる、赤ちゃんは吸ったまま安心して寝てしまい、また「はっ!」と起きておっぱいを求めて泣く……。その繰り返しだと言われました。

 

おなかが空いているのではなく、寝るための安心要素がおっぱいになっているため、頻繁に起きるのではないかという推測でした。


夜間授乳をやめるための私の固い決意!

原因が分かったとき、わが子は10カ月。夜間授乳をやめても問題がない頃合いだったので、「お正月においしくお酒を飲みたい、そして何よりも寝たい!」という強い決意を持ち、夜間授乳をやめることにしました。

 

はじめはかわいそうかもしれませんが、泣いてもがまんをして、おっぱいをあげないようにしました。そして、子どもを安心させるために、根気よく胸をポンポンし続けました。そんなことが3日ぐらい続いたある日、ぱたんと夜中に起きなくなり、夜間授乳は終わったのです。

 

 

結局、わが家では3人とも添い乳をしていましたが、「やめる!」と決意をしたときには同じ方法でやめることができました。泣いている子どもを見るのはつらいですが、根くらべですね。私はこの方法でやめることができましたが、夜間授乳をやめる場合、赤ちゃんの月齢や、やめても問題ないか、育児相談をしてから実行することをおすすめします。(TEXT:ママライター鳥居香咲)

 


  • 0
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。