育児に行き詰まりそうな毎日が変わった!子育て支援センターのありがたさ

2017/06/09 12:00
0歳代の息子は寝ない、一日中、泣くタイプの赤ちゃん。目の下にはくまができ、肌は荒れて下痢は続く。育児に行き詰りそうでした。気分転換に毎日子育て支援センターへ出かけることに。行くたび保育士さんともなかよくなり、育児の相談もしやすくなりました。親身になって話を聞いてくれる。とてもありがたい存在でした。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
保育園・幼稚園

 

私の息子は「寝ない、一日中泣く」タイプの赤ちゃんでした。目の下には大きなクマ、下痢が続くなど、身も心もボロボロ……。そんな私の心の支えになったのは地域の「子育て支援センター」でした。今回は、子育て支援センターに通って、毎日が変わった経験をお伝えします。

 

育児に行き詰まりそうだった日々……

0歳代の息子は寝ない、一日中泣くタイプの赤ちゃん。笑うことより泣くことのほうが多かったと記憶しています。

 

寝たと思ってベッドに寝かせても「ギャー!」と泣いて起きる日々。スーパーのカートも泣くので乗れません。スヤスヤ眠る、周りの赤ちゃんを見て、息子のことが腹立たしく思ったものです。正直、息子のことがかわいく思えなかったんです。

 

子育て支援センターへ行ってみると

自宅で赤ちゃんと2人きりの生活。幸せな時間のはずが目の下にはクマができ、肌は荒れて下痢は続く。育児に行き詰まりそうでした。

 

そんなある日、ポストに「子育て支援センター」のイベント案内が入っていました。気分転換に出かけてみることに。行ってみると、赤ちゃんが遊ぶ空間はもちろん、ママが雑誌を読んでくつろげるスペースもありました。とても気分が晴れやかになったので、毎日子育て支援センターへ出かけることにしたんです。


親身になって相談に乗ってくれた保育士さん

毎日子育て支援センターへ行くたび、保育士さんともなかよくなり、育児の相談もしやすくなりました。保育士さん自身の育児経験も教えてもらいながら、親身になって話を聞いてくれる。とてもありがたい存在でした。

 

いちばん印象的だったことが「育児って本当に大変だけれど、人生という長い目でみれば育児は短い期間。悩んでいるうちにあっという間に過ぎていくものなのよ」という言葉です。その言葉を聞いて、肩の力が抜けたことを今でも覚えています。

 

 

私が住む地域には、乳幼児対象の子育て支援センターがあります。自治体によってはないところもありますが、児童館も同様に保育士がいると思います。私のように、決してひとりで悩まず、相談をする勇気も必要かもしれません。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。