離乳食のギモン?!きのこはいつから食べていいの?

2016/01/14 12:00
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:

 

離乳食では食材ごとに食べさせていいのかいけないのか迷うことが良くあります。今日はきのこについていつから食べられるのかお伝えします。

 

きのこは食物繊維がたっぷり

ヘルシーで知られるきのこですが、実は食物繊維がたっぷりの食材。味も淡白で離乳食に向いていそうですが、この食物繊維が赤ちゃんにとっては、噛み切りにくい原因となります。歯が生えていないときはもちろん、生えてきてもまだ咀嚼力のないうちには、食べにくい食材になります。目安としては1歳以降からと考えましょう。ただし、エリンギはきのこの中でも繊維質が多く硬いため、離乳食卒業後に与えましょう。

 

きのこ類は細かく刻む

きのこ類は野菜などと違い、よく茹でてもその噛み切りにくさはあまり変わりません。1歳以降の赤ちゃんに食べさせるときには、噛み切らなくても大丈夫なように細かく刻んであげましょう。赤ちゃんが食べづらそうなときには無理して与えなくても大丈夫ですよ。

 



 

 

離乳食期はきのこの出汁を楽しもう!

きのこのもう一つの特徴は、おいしい出汁がでること。離乳食の時期はきのこそのものではなく、きのこ汁のスープやきのこ入り炊き込みご飯のご飯を食べさせてみましょう。大人と一緒のメニューも、きのこそのものを除けば赤ちゃんと一緒に楽しむことができますね。

 

 


こちらもチェック‼︎

この食材食べられるかな?と思ったら

食べていいもの・ダメなもの食材リスト>

 


  • 2
  • 2
  • 0
  • 5

既にクリックしています。

  • 参考になりました☺

    2016/03/26 01:43

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。