【2人目あるある】2人目育児で忘れがちなポイント3つ

2017/06/10 22:00
子どもと一対一だった1人目のときとは違い、子どもが2人いる生活の中での子育ては忙しくて大変です。そんな忙しい毎日の中で、2人目育児の忘れがちなポイントとその対処法を、私の経験からご紹介します。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児あるある
2人目・3人目

 

子どもと一対一だった1人目のときとは違い、子どもが2人いる生活の中での子育ては忙しくて大変です。そんな忙しい毎日の中で、2人目育児の忘れがちなポイントとその対処法を、私の経験からご紹介します。

 

ついつい忘れちゃう!身体測定

1人目のときは、機会があれば何度も測っていた子どもの身長や体重。2人目となると上の子のお世話もあり、なかなか測る機会がなくて忘れがちなポイントです。

 

私は、地域の子育て支援センターに行った際、上の子が遊んでいる隙に身長・体重を測ってもらっていました。支援センターでは、測定結果をメモ用紙に書いて渡してくれたので、それを取っておいて、時間ができたときに母子手帳に書き写していました。

 

写真の枚数が上の子より少ない!?

写真の枚数が少なくなってしまうことも、2人目あるあるです。とくに赤ちゃんのころは、はじめての赤ちゃんで写真もたくさん撮っていた1人目とは違い、2人目は少なくなりがち。せっかくのかわいい時期を記録に残さないのはもったいないですよね。

 

上の子が下の子と遊んでいるときを逃さず写真におさめれば、きょうだいの思い出にもなり、一石二鳥。忘れがちなポイントですが、スマホなら気軽にすぐ写真が撮れるので便利ですね。


おさがりグッズの出し忘れに注意!

年齢差のある、きょうだいでとくに多い忘れがちなポイントが、上の子のおさがりグッズの出し忘れです。私もしまっておいたのを忘れてマグや食器などを購入したあと、食器棚の奥で発見し、もったいなかったと思いました。

 

グッズを購入するときは上の子のもので使えるものがなかったか、よく考えてから購入することをおすすめします。洋服は、タイミングを逃すと着られなくなったりするので、お気に入りだった洋服は少し大きくても下の子に使っています。

 

 

2人目育児は、第一子とは違った大変さがありますが、新しい楽しみもたくさんあります。忘れがちなポイントに注意して、2人目育児を楽しんでくださいね!(TEXT:ママライター千倉美波)

 


  • 5
  • 0
  • 0
  • 1

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。