まずは患部を清潔に!わが家の虫刺されケア3つのポイント

2017/07/06 12:00
わが子が1歳のとき、保育園から帰ってくるたびに、手足に虫刺されがたくさんありました。保育園で遊ぶ園庭に木があることから、虫がたくさんいるようです。虫に刺されたあとのホームケアに追われる日々。今回は、わが家で実践した虫刺されケアのポイント3つをご紹介します。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
安全対策

 

わが子が1歳のとき、保育園から帰ってくるたびに、手足に虫刺されがたくさんありました。保育園で遊ぶ園庭に木があることから、虫がたくさんいるようです。虫に刺されたあとのホームケアに追われる日々。今回は、わが家で実践した虫刺されケアのポイント3つをご紹介します。

 

まずは刺された患部を清潔にする

保育園でも、吊り下げタイプの虫よけ剤を利用するなど、いろいろな予防を行っていました。それでも虫に刺されてしまう。園庭にある木がなければ、ここまで虫に刺されることもなかったかもしれませんが、自分の思う通りにはいきませんよね。

 

まず虫に刺されたときは、患部を流水で洗いました。毒素が残っていると症状がひどくなる可能性もあるとのこと。まずは皮膚を清潔にすることが基本です。

 

赤く腫れている、かゆいときは冷やす

わが子は、虫に刺されると決まって赤く腫れ、かゆくなることがほとんど。かきこわしてしまうと症状は悪化する一方なので、冷たい水で絞ったタオルで患部を冷やすように意識しました。保冷剤がある場合はタオルに包んで冷やしてもいいですね。

 

患部を冷やすことで、かゆみが和らぐことが多くありました。虫刺されの症状がひどい場合は皮膚科を受診し、薬を処方してもらいました。


子ども用の虫刺されの薬を塗る

また、子どもが使用できる虫刺され薬を常備しておくと安心。なるべく症状を最小限に抑え、早く治すには薬に頼ることも必要です。

 

わが家では清潔にした患部に薬を塗ったあと、ガーゼで覆っています。薬を塗って放置していると、知らずのうちにかきこわしてしまうことが多かったからです。患部から膿が出て、とびひに発展したこともありました。爪もこまめに切ってあげることも忘れずに。

 

 

個人差がありますが、わが子は虫に刺されると皮膚が強く反応するタイプでした。耳たぶに虫刺されができて、膿が出ていたことも。見ている側も痛々しかったです。適切なケアで、症状を最小限に抑えてあげたいでよね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 1
  • 0
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。