食べては歩きまわるを繰り返す。食事中の立ち歩き、どうしたらいい?

2017/07/05 12:00
次女はもともと食にあまり興味がない様子で、食べる量が少ない子でした。離乳食はどんどん進んだのですが、歩けるようになってからは興味のほうが優先に。「遊んだら片付けて、おなかが空くことを教える」という方法を聞き、実践すると、座って食べるようになりました。何度か繰り返しましたが、2歳ごろには食材の話題を食事時にすると落ち着きました。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
コツ・ヒント
マナー・しつけ

 

赤ちゃんが歩けるようになると、困ることのひとつとして「食事中の立ち歩き」があります。興味が広がり、食べることよりも周りのことが気になり、動きまわってしまう時期。みなさんはどう乗り越えますか?今回は、食事中の立ち歩きがひどかった次女のエピソードをお伝えしたいと思います。

 

長女と違って食べない次女

長女は食べることが大好きで、ずっと座って食べるタイプ。けれども次女は、食にあまり興味がない様子で、食べる量も少なければ、食べては動きまわるの繰り返し。離乳食初期のころは、食べてもひと口ふた口でした。

 

栄養バランスを考え、フォローアップミルクも飲ませたり、バナナなどの比較的食べてくれた果物を多めにあげるようにしていました。まずはあせらずに「ひと口でもいいから」という思いで、離乳食を進めました。

 

離乳食が完了しても落ち着かない次女

離乳食が完了しても、次女は食事中に立ち歩く日々。ちょっと食べては歩きまわり、また食べて歩きまわり……。食べてくれないと不安だったため、時間がかかったとしても、ちょっとずつでも食べさせることを重要視していました。

 

そんなとき、「遊んだら片付ける。食べるときに食べないと、おなかが空くということを教えてあげるといい」と聞き、食事中に歩きまわり始めたら片付けるように。すると、食べる量はあいかわらず少ないものの、食べ終わるまで歩かないようになったのです。

 

 


繰り返し繰り返し、定着させる

それでもまたしばらくすると、次女は食事中に歩きまわるように。また、初心に戻って片付ける、座って食べるようになるということを繰り返すこと数回。

 

2歳ごろ、話がだいぶわかるようになってからは、「ハンバーグの中身はなんだろう?」「この魚は、さばという名前だよ」など、食材を題材に話をしながら食べさせるようにすると、興味を持って少しずつ食べるようになりました。

 

 

歩き始めの時期は、どうしても歩きまわってしまう子が多いようです。それでも「決まった時間に食事をすること」を習慣付けておくことは大切なのだそうです。小さいうちから、無理のない範囲で習慣付けておくと、1日の流れもスムーズになりますよ。(TEXT:ママライター石原みどり)

 


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。