皮膚トラブルから子どもを守りたい!わが家が行った夏のスキンケア3つ

2017/07/05 13:00
10歳ごろまでの子どもは、皮脂がほとんどないため、常に乾燥しやすい状態なのだそうです。夏でも保湿は欠かせません。わが子のあせもは寝ているときに悪化しました。夏の皮膚トラブルは寝ているときにも起こりやすいことを実感。また、できるだけ水で濡らした、やわらかいタオルで汗を拭くといいそうです。お出かけ時には汗ふきシートを利用してもいいですね。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
安全対策

 

たくさん汗をかくようになり、紫外線が気になる季節がやってきました。いろいろな皮膚トラブルが起こりやすい時期ですよね。わが子はあせもやおむつかぶれになってしまい、かわいそうな思いをした経験があります。今回は、わが家で行った夏のスキンケア3つのポイントをご紹介します。

 

夏でも保湿は欠かせない

保湿と聞くと、乾燥しやすい冬をイメージしていましたが、夏でも保湿を行う必要がありました。わが子が皮膚トラブルを起こし、皮膚科を受診した際に聞いたのが、10歳ごろまでの子どもは、皮脂がほとんどないため、常に乾燥しやすい状態だということです。

 

そのことを知ってからは、入浴後に保湿することを心がけています。夏はさらっとしているローションタイプや乳液タイプの保湿剤が使いやすいですよ。

 

寝汗をかきにくくする工夫

わが子のあせもは寝ているときに悪化しました。夏の皮膚トラブルは、寝ているときにも起こりやすいことを実感。皮膚科医の話によると、湿度が60%以上、室温が25度以上の環境で長時間過ごすとあせもができやすいとのこと。

 

エアコンを利用するほか、パジャマは薄手の綿素材で吸湿性のいいものを着せるなど、寝汗をかきにくい環境を整えるようにしています。


汗をかいたら濡れたタオルで拭く

汗は、できるだけ水で濡らした、やわらかいタオルで拭くといいそうです。子どもの皮膚は表面を守る「角層」が薄いため、乾いたタオルなどでこすると傷付いてしまいます。外出時には子ども用の汗ふきシートを持参してもいいですね。おしぼりタオルを持参するのもいいですが、何度も使用するとなると衛生的に心配です。

 

個人的にはおすすめなのが「キュレル スキンケアシート」。価格は300円程度で、赤ちゃんの肌にも使えますよ。

 

 

お風呂では弱酸性で低刺激性の洗浄料を使いましょう。刺激が強いと、皮膚のバリア機能が低下してしまいます。皮膚トラブルが起こりやすい季節。この機会にスキンケアの基本を身につけ、皮膚トラブルから子どもを守ってあげたいですね。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 1
  • 0
  • 1
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。