手づかみたべの次はコレ!スプーンの練習はいつからどうすればいい?

2017/06/05 19:00
子どものスプーンの練習はいつからどんなふうにすればいいかをお伝えします。スプーンを使い始めるのはだいたい1歳前後です。スプーンのステップは3つ。まずはママが手を添えてスプーンを使う練習をしましょう。次にママがすくって、赤ちゃんが自分で食べるようにします。最後は自分で使えるようにしましょう。

 

こんにちは、離乳食インストラクターの中田馨です。離乳食が進んで、手づかみ食べが始まったその次に、赤ちゃんはスプーンを使うようになります。今日はスプーンを使い始めるタイミングやどういう使い方をすれば良いかをお話ししますね。

 

スプーンを使い始める時期は?

赤ちゃんがスプーンを使い始めるのにオススメなのは1歳前後です。ママが持っているスプーンに興味を持って、手を伸ばす赤ちゃんもいるでしょう。赤ちゃんがスプーンに興味を持ち始めたときが、スプーンの始めどきですよ。

 

スプーンの進め方3つのポイント

スプーンを赤ちゃんに渡しても、すぐに自分で使えるようにはなりません。ほとんどの赤ちゃんが握りしめてお口に入れて舐めたり、スプーンで机や器を叩いたりするのではないでしょうか?最初はそれでOKです。スプーンを持てた喜びを味あわせてあげましょう。

 

最初はスプーンの使い方を知らない赤ちゃんですが、自分でスプーンを使えるようになるまでのポイントを3つに分けて紹介します。

 

1. まずはママが手を添えて

最初はママが赤ちゃんの手を持って一緒にスプーンを握り、口まで誘導します。最初はスプーンにすくった離乳食を口にうまく取り込むことができないこともありますが、それも徐々に取り込めるようになりますので心配しなくて大丈夫です。

 

2. ママがすくって赤ちゃんが口に入れる

自分でスプーンを口に運ぶことができるようになったら、離乳食をすくうのはママが手伝って、口に運ぶのは赤ちゃんというように役割分担をしましょう。

 

3. 赤ちゃんが自分で食べる

1・2の手順を踏むと、赤ちゃんは徐々に自分で食べれるようになってきます。スプーンと手づかみ食べと混合になっても大丈夫ですよ。

 

 

 

最初、スプーンの持ち方が大人と違うため気になるかもしれません。離乳食期の赤ちゃんはスプーンを上から握ります。これはほとんどの赤ちゃんが通る道です。2歳前後で大人と同じように握れるようになります。また、底の深い器を準備すると、スプーンですくいやすいですよ。赤ちゃんが疲れたときは、ママがお手伝いしながら無理せずスプーンの練習を進めてくださいね!

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 

 


  • 2
  • 1
  • 2
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。