2歳児と0歳児を連れて「新幹線移動」を乗り切るためのコツ

2017/07/03 22:00
非日常的な新幹線移動は親子共に緊張するうえに、いろいろと大変です。もし、移動途中でお腹が空いてしまったら?自由に動けないストレスでぐずりだしたら?おもちゃは何を持って行く?そんな不安は、ちょっとした工夫とアイデアで少し楽しくなるかもしれません。
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:
お出かけ
旅行
体験談

 

上の子が2歳で、下の子が10カ月だったころ、何度か新幹線を利用する機会がありました。大人は私ひとりだったので、子どもが泣かないように、できるだけ静かに過ごせるようになど、極力まわりに迷惑をかけず、子どものストレスを軽減するために行ったことをご紹介します。

 

お昼ごはんの時間を絡ませる

電車と違って新幹線は車内で気兼ねなくごはんを食べられるので、お弁当を持参しました。いつもと同じような食事をとることで、子どもの興奮度合いは少し抑えられたように思います。

 

何よりごはんを食べているときは、騒がずにちゃんと座っていてくれるので、いちばんほっとできた時間でした。0歳の子は離乳食でしたが、せめて座席は汚れないように、タオルの上に座らせて食べさせるとスムーズでしたよ。

 

しからない!笑いに変えて楽しく過ごす

ふだんならしかる場面でも、ぐっとがまんをしました。子どもも慣れない環境でストレスを感じているはずなので、しかると大泣きに発展したり、悪循環に陥る可能性が大きくなります。

 

少し大袈裟ですが、長い人生の中で新幹線に乗っている間、しからなかったとしても悪影響はない!と割り切り、逆に笑いや遊びに切り替えるように工夫しました。初めはキョトンとしていましたが、母親が笑う様子を見て安心したのか、その後もニコニコでした。


自分でおもちゃを選び、自分で持たせる

おもちゃを自分で選んでもらい、自分のリュックに入れて出発。とくに2歳の子は何でも自分でやりたがる時期だったので、よろこんで準備して、新幹線の中でもよろこんで遊んでくれました。

 

下の子はまだ10カ月だったので、とりあえずいつものお気に入り3つくらいを持って、上の子のリュックに一緒に入れました。いつも手にしているおもちゃが視界に入るだけで、安心感が違うような気がしました。

 

 

さまざまな工夫は必要ですが、いちばん大切なのは、同乗した大人が過度に不安を抱いたり緊張したりせず、平常心で過ごすことだと思います。それが子どもの安心感につながり、親子ともに快適な新幹線移動になるのではないかと思いました。(TEXT:ママライター藤林凛子)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。