【妊娠してからの心境の変化】妊娠して感じた友人や家族への感謝

2017/07/09 12:00
妊娠してから感じた心境の変化をまとめています。友人の一言で今まで目を背けていた「母親である」という事実と向き合い、考えることができたり、子供¥どもの誕生を待ち望んでくれている夫の存在は私にとってすごく大きなものでした。いかに自分が両親から愛され・大切に育てられてきたのかを感じた妊娠期間でした。

 

 

私は妊娠してから紆余曲折ありましたが、そんな妊娠から出産までの間に家族や友人・夫のありがたさを身に染みて感じました。不安を消してくれた友人の言葉や、子どもの誕生を待ち望んでくれている夫や友人の存在、妊娠期間・育児期間の話などをお伝えします。

 

不安を消してくれた友人の言葉

実は予定外の妊娠だったため、とにかく出産することが不安で仕方がありませんでした。出産にも踏み切れず、産んでいいのか、私が母親でいいのかという弱音ばかりでした。

 

しかし、あるとき友人から「母親でしょ?その子を守れるのはあなただけだよ」とばっさり。冷たく聞こえるかもしれませんが、私はそのひと言で今まで目を背けていた「母親である」という事実と向き合い考えることができました。

 

人に支えられていると感じた9カ月

個人差は大きいと思いますが、妊娠期間はとてもつらく孤独な戦いだと感じる方もいるかもしれません。少なくとも私はそうでした。しかし、そんなときでも体を気遣い、子どもの誕生を待ち望んでくれている夫の存在は、私にとってすごく大きなものでした。

 

また物理的に支えてくれる人だけでなく、心の支えとなってくれている存在は情緒不安定になる妊娠期間には必要不可欠でした。家族や友人、夫などの支えにはほんとに感謝しています。


家族の大きさを感じた育児期間

出産し、育児が始まってからは、いかに自分が両親から愛され、大切に育てられてきたのかを自分が親となって心底感じました。

 

子どもが大きくなり、自立していくまでには親の存在は大きなものです。私も親からたくさんの愛情を受けて大人になったと感じるので、これからの子育てでも同じように自分の子どもに愛情を注いであげたいと感じる育児期間でした。

 

 

今回は、私が妊娠し、母親となって感じた友人や家族への感謝についてまとめました。妊娠すると環境も心境も大きく変化します。ぜひ貴重なマタニティ期間を大切にしてくださいね!(TEXT:ママライター今井さくら)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。