デリケートな問題!出産後の性生活…どうする?

2016/01/20 20:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:

出産後、身体は痛いし、子どもの世話はしなくちゃいけないし…毎日寝不足!たまにはゆっくり寝たい…。そんなときに、「もう平気なんでしょ?妊娠中できなかったんだからしようよ!」そんな夫にどうすれば気持ちが伝わるでしょうか。

 

まだ身体がつらい…気持ちが乗らない

子どもが産まれれば、数時間おきに授乳、おむつも替えて…などやることはたくさん!泣き出したら起きる生活を何ヶ月も繰り返すことになります。お母さんはいつも寝不足で、疲れを休められるときはほとんどありません。出産時の傷が治って、お医者さんから「もう性生活も大丈夫です」と言われても、疲れていたり、気持ちがついていかなかったりで、そんな気分にはなれない…。そんな方も多いと思います。それなのに…。「ねぇ、もう身体はいいんでしょ?妊娠中ずっとしてなかったんだからしようよ。」確かに妊娠中、我慢してくれていたのでしょう。 家事も手伝ってくれたり、立ち合いもしてくれたり、出産後も休日は手伝ってくれたり…とても頼りになる旦那さんだとしても、それとこれとは別。疲れているし、赤ちゃんに授乳もしている状態でする気分にはなれない。そんなとき、どう言えばわかってもらえるのでしょうか?

 

「NO!」だけじゃなく理由を

うちの場合、そのことで若干険悪になりそうになったため、匿名で相談機関に相談したところ、当たり前ですが「理由を説明してわかってもらうしかない」という結論に達しました。どんなに手伝ってくれる旦那さんでも、出産した女性の気持ちまではわかりません。だから、「今自分の身体の状態がどういう状態か」、「どんな気持ちなのか」ということを説明する必要があります。私の場合、裂傷のあとが治ったあとも、また切れたりして痛むかもしれなくて怖いことや、気持ちが子どもの方を向いていて、まだそういう気持ちになれないということを説明しました。完全に納得したわけではないようですが、一応まだダメなんだなということはわかってもらえたようで、それ以降は言ってこなくなりました。


好きだよの一言を伝えてみましょう。

男性は女性から愛情表現をされないと、自分はもう必要ないのではないか、夫として、男性として見られていないのではないかと思い込みがちです。旦那さんのことが好きで、いつも助かっていると伝えたうえで、今の状況とあとどのくらいかを伝えられると安心してもらえるのではないかと思います。


  • 0
  • 0
  • 3
  • 2

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。