【生後1~2カ月】授乳量とタイミングが気になる!

2017/07/16 12:00
生後1~2カ月のわが子の様子で印象的だったのは、おっぱいを上手に飲めるようになったことです。空腹以外の理由でも泣くようになり、母乳が足りていないの?と必要以上に不安になったものです。まだ授乳が軌道に乗っていなかったので、混合で様子をみていましたが、乳首が柔らかくなり、赤ちゃんが吸いやすい状態になってきました。

 

赤ちゃんが生まれて1~2カ月。赤ちゃんのお世話に慣れず、戸惑う日々を送っていました。母乳育児もまだ軌道に乗っておらず、おっぱいが十分に出ないのかな?と不安でいっぱいだったことを覚えています。今回は、生後1~2カ月のわが子の様子や授乳量、タイミングについてお伝えします。

 

空腹以外の理由で泣くように

生後1~2カ月のわが子の様子で印象的だったのは、おっぱいを上手に飲めるようになったことです。また1回で飲む量が生後0カ月のころに比べ、増えてきたように感じました。毎回飲む量が同じではなく、少し飲んでは眠ることも。自分で飲む量を少しずつ調節できるようになったのかな?と思いました。

 

そして空腹以外の理由でも泣くようになり、母乳が足りていないの?と必要以上に不安になったものです。

 

飲ませる量とタイミング

まだ授乳が軌道に乗っていなかったので、混合で様子をみていました。母乳外来を定期的に訪れ、わが子の体重の増えを確認しました。順調に増えていることがわかり、嬉しかったです。また授乳のリズムが少しずつ整ってきていると助産師から言われ、安心したことを覚えています。

 

このころは、おっぱいを飲ませたあと、ミルクを20ml程度足していました。。足す量は赤ちゃんの体重の増えによって変わるようです。

 

 


乳房や乳首が授乳に慣れてきた

最初は授乳をすることに慣れず、ともかく乳首が痛かったです。それが不思議なことに乳首が柔らかくなり、赤ちゃんが吸いやすい状態に。人間ってスゴイな~と感心しました。

 

そして張りやすかった乳房は飲ませるときだけ張るようになり、少しずつ授乳のリズムやタイミングが整ってきているのかな?と感じました。まだまだ母乳不足感はありましたが、少しずつ自分に自信がついてきたころでしたね。

 

 

授乳したところなのに泣く。理由が分からなくて不安でした。生後1~2カ月ごろになると寂しいなどの感情から泣くことも増えてくるようです。今思えば、順調に体重が増えているのであれば、必要以上に心配する必要はなかったと感じています。(TEXT:ママライター田中由惟)

 


  • 0
  • 2
  • 3
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。