【保育士が教える】グズグズモードの赤ちゃんは意外な〇〇であやそう!

2017/08/13 23:00
さまざまな要因で泣き止まない赤ちゃんのグズグズモード。わが家ではバランスボールを使ってあやしていました。方法はかんたん。赤ちゃんを抱っこしバランスボールに座ってやさーしくバウンドするだけ。それだけですーっと入眠していました。揺さぶられっこ症候群に気を付けて緩やかにバウンドしていると、ママのリフレッシュにもなりおすすめです。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
育児の悩み
泣き止ませ

 

 

赤ちゃんはさまざまな要因でグズグズモードに入りますが、何をしても機嫌が直らない、眠そうなのになかなか眠らない、なんていう経験があるのではないでしょうか。なかなか泣き止んでくれないときは、ママも疲れてしまいますよね。そんなときに使える、わが家で実践していた赤ちゃんのあやし方をお伝えします。

 

バランスボールであやそう!大きくなったらおもちゃにも?

健康グッズであるバランスボールですが、実は赤ちゃんをあやす際に活用できます。使い方はかんたん!赤ちゃんを抱きながらバランスボールに座り、やさしくバウンドするだけです。

 

程よい揺れが赤ちゃんにとっては心地よく、ご機嫌にしてくれたり眠りに導入してくれたりします。車に乗ると赤ちゃんが入眠しやすくなるのと同じ原理といえます。さらに歩けるようになったあたりから、バランスボールを押したり蹴ったりと、おもちゃ代わりにも使えます。長くさまざまな用途に使えますね。

 

あやし方のポイントとバランスボールの選び方

コツはとにかく「やさしくゆっくり」バウンドさせることです。イメージはゆりかご。激しくバウンドしているからといって赤ちゃんの気が紛れるわけではありません。あやすときはしっかりと足を地面につけ、ゆるやかに揺らしてあげてください。

 

バランスボールは大きい方がやりやすいですが、場所を取るうえ、お値段も高くなりますので、わが家では55cmを使用しています。ダイソーでも55cmのバランスボールが500円(税抜き)で売っていましたよ。


揺さぶられ症候群は大丈夫!?

バランスボールでバウンドして、赤ちゃんが揺さぶられ症候群になってしまわないか、不安なママもいらっしゃるかと思います。ゆさぶられ症候群は、からだを激しく揺らすことで起こってしまうといわれているので心配ですよね。

 

しかし、激しくバウンドしたり、思い切り跳ねて急停止するようなことをしない限りは安全なので、注意しつつ使ってくださいね。急停止しないこと、ゆるやかにやさしくバウンドすることを守って、ぜひ試してみてください。

 

 

いかがでしたでしょうか?バランスボールはゆらゆらとゆりかごのように赤ちゃんをあやすことができる意外なアイテムです!グズグズモードの赤ちゃんと一緒に、ぜひ一度チャレンジしてみてくださいね。(TEXT:ママライター白岩愛実)

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。