売れ行き商品はなに?現役ママのフリマ初体験エピソード

2017/08/13 21:00
使わなくなった育児用品などをかき集めると自家用車には積めないほどの量が集まりました。隣にいた出品者はテーブルやラック、ハンガーなどを使って上手に陳列しています。見やすいので多くの人だかりができていました。陳列方法で売り上げが左右することを痛感。出店料は税込み3,150円です。元を取った商品は「おもちゃ」でした。
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:
工夫
お金
体験談
断捨離

 

 

先日、昔からやってみたかった「フリマ」を初体験してきました。準備は大変ですが、お客さんとのやり取りが楽しかったですね。そして、なにより不要なものが片付くのでスッキリします。ところが、思ったほど商品が売れない……。今回は、私のフリマ初体験エピソードをお伝えします。

 

軽トラ一台に積みきれない不要品

使わなくなった育児用品や家の不要品をかき集めると、自家用車には積めないほどの量が集まりました。急きょ私の父に頼み、軽トラを出動要請。軽トラでさえ積みきれないほどの量に、父はおどろくばかりです。

 

荷物を運ぶだけで大量の汗が出てきました。こんなに持って行って本当に売れるのか?と不安になりながら会場へ。車の乗り込みが可能だったので助かりました。軽トラ前に大きなブルーシートを敷き、いざ商品の陳列開始です。

 

商品の陳列方法で売り上げが左右する

サイズや種類別に段ボール箱に入れていたので、そのままドカンと陳列しました。隣にいた出品者はテーブルやラック、ハンガーなどを使って上手に陳列しています。見やすいので多くの人だかりができていました。

 

陳列方法で売り上げが左右することを感じました。段ボール箱を並べただけでは、探しづらいですよね。またオフシーズンものは売れないので、売れやすいものに限定して出品すべきだったなと思いました。


売れ行き商品は?

出店料は税込み3,150円。元を取ってくれた商品は「おもちゃ」でした。とくに人気キャラクターものは即売り切れましたよ。フリマは値切りが当たり前。おもちゃは定価の70~80%価格にしていたのですが、さらに値切られてしまいました。

 

売れる見込みのあるものは、ちょっと高めに価格設定すべきですね。また売れ行きの悪かったベビー服などはALL50円など、安さ重視で出品すれば売れ行きが違ったかもしれません。

 

 

約6時間のフリマでしたが、おどろくほどあっという間に時間が過ぎていきました。半分以上売れ残りましたが、利益は20,000円程度。じゅうぶんなお小遣い稼ぎになりましたよ。(TEXT:ママライター田中由惟)


  • 1
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。