【赤ちゃんとおやつ】市販のお菓子やジュースとの付き合い方

2017/08/07 19:00
赤ちゃんのおやつについてお話しします。まずは市販のおやつは、たまに買うということと、親が選ぶようにするということがポイントです。次に市販のおやつの選ぶポイントは、表示を見てから買うこと。ママが見てわからない材料が使われているお菓子は買わないほうがいいでしょう。最後にジュースも、頻度と量に気をつけるようにしましょう。
カテゴリ│
食・レシピ
中カテゴリ:
おやつ
食育

 

こんにちは。離乳食インストラクターの中田馨です。1歳ごろになると3回の食事以外にそろそろおやつが必要になります。赤ちゃんにとってのおやつとは、4〜5回目の食事。ごはんの代わりになるものが望ましいといわれています。手作りおやつを毎日作れるといいけれど、そうじゃないときは市販のどんなおやつを選べばいいでしょうか?

 

市販のおやつとの付き合い方

スーパーに行くと赤ちゃん用のおやつが何種類も売られています。そんなおやつですが「たまに食べる」というつきあいかたをおすすめしています。そして、選ぶのはママであるようにしましょう。

 

1歳を過ぎると、自分で選びたがることもあるかもしれませんが、選ぶのはママ目線であることが大事です。これは、幼児や小学生になっても一緒です。ちなみに、我が家のルールは、選択権の80%は大人、自宅にお菓子を常備しないという2つです。

 

もちろん「お菓子買いに行こうか」「自分で選んでいいよ」という日も作ります。小学生の高学年ごろになると自分でお小遣いをもって駄菓子屋さんに通い始めます。それまでは、親が管理できるといいなと私は思っています。

 

市販のおやつを買うときのポイントと注意点

赤ちゃんにおすすめできる市販のおやつは、赤ちゃん用せんべい、麩菓子、ビスケット、ボウロ、プレーンヨーグルトなどです。 おやつを選ぶときの注意点は、必ず表示を確認すること。表示はシンプルなものがいちばんです。たとえばせんべいなら「米、食塩」だけなど。ママが見て分からないものが入っているときは、赤ちゃんに与えない方がベターかもしれませんね。

 


ジュースは飲んでもいい?

果汁100%のジュースだと果汁なので大丈夫なのでは?と思いますが、与えるときは、頻度と量を注意してください。

 

たとえば、オレンジひとつからとれる果汁は大きさにもよりますが60~80ml程度でしょうか。オレンジをひとつ食べるのは、大人でもなかなか大変ですが、果汁だとゴクゴクとかんたんに飲めてしまいます。だからこそ頻度と量を管理することが大切です。ジュースを飲むときは以下の3つを心がけてください。

 

・毎日飲まない

・湯冷ましで倍以上に薄める

・薄めたものを50ml程度

 

市販のおやつは手軽においしく食べられるので重宝します。手軽なぶん、選ぶときや与え方などは、ママがルールを決めるといいですね。

 


保育士で家庭的保育所経営。一般社団法人 離乳食インストラクター協会代表。関東と関西中心に、離乳食インストラクター養成講座やママ向けに離乳食講義・料理教室を開催中。「かおりの“和の離乳食レシピ”blog」では1500以上の離乳食レシピを掲載中。

 


  • 2
  • 0
  • 3
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

食・レシピの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。