お昼寝中の呼吸チェックもシステムで!?保育の現場にICTの導入進む

2017/08/07 20:00
保育士不足のニュースをよく見かけます。そんな厳しい状況に、少しでも保育士の負担を軽減させ、さらに保育の質を向上させるために、ICT(情報通信技術)を導入する動きが広がってきています。
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
保育園・幼稚園

 

保育士不足のニュースをよく見かけます。そんな厳しい状況に、少しでも保育士の負担を軽減させ、さらに保育の質を向上させるために、ICT(情報通信技術)を導入する動きが広がってきています。

 

ICT(情報通信技術)でできること

たとえば、園児の登降園管理や指導計画書の作成、お昼寝中の呼吸チェックを代わりにしてくれるなど、アナログ作業が中心だった業務をICTで効率化し、保育士の業務の負担を軽減させることが可能に。

 

また、子どもを園に預けている保護者にとっても、お休みの連絡や延長保育の申請がオンライン上から行えるなどのメリットもあります。
 

活用している保育園

牧之原市の認定こども園「みのり幼稚園」は、昨年からサンロフト(焼津市)が開発したクラウド型園児管理システム「パステルAPPs」を利用しているそうです。

 

保護者からの欠席の連絡や延長保育の申込などが電話対応を主としていたころより、容易に管理ができるようになったといいます。また保育士側は、クラウド上で園児情報や指導計画などを一元管理することで、情報伝達がスムーズになったということです。


システムの導入と普及に関する問題

厚労省が保育人材の確保を目的に、2015年度補正予算で行った保育所などの業務効率化推進事業として、このICT導入を後押ししています。

 

一方、保育士が不足しているなかで、システムの導入にむけての準備や保育士の研修などに割く時間が取れないとの声もあります。

 


 厚労省からの後押しもあり、ICTが拡散されていくのも早いかもしれませんね。ICTの導入で、さらに保育園での子どもたちの生活が充実するのであれば、どんどん復旧していくとうれしいですね。(TEXT:東 裕子)
 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

ベビーカレンダーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいの毎日を。『ベビーカレンダー』は、赤ちゃんが毎日を笑顔で過ごせるような情報をお届けする、妊娠・出産・育児の情報サイトです。日めくりカレンダーを毎日めくるように、『ベビーカレンダー』を、ぜひ毎日ご活用ください。