【妊娠・出産のQ&A】妊娠10ヶ月の妊娠糖尿病予防はどうすべき?

2016/02/04 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

はじめての妊娠で糖尿病になる場合があります。

妊娠糖尿病を無理なく予防するにはどうしたら良いのでしょうか?

 

Q. 妊娠10ヶ月の妊娠糖尿病予防はどうすべき?

妊娠36週です。 妊娠前から太り気味の体形ですが、妊娠してからすでに12kg増えています。気をつけてはいるものの、妊娠36週に入ってから、一気に3kg近く増えてしまいました。「妊娠糖尿病の傾向もある」と言われ、かなり心配です。 甘いものを控えたり、白米を玄米に変えたり、できるだけ毎日散歩に行ったりしていますが、今後どのように過ごしたらいいのでしょうか?

 

 

A.食事管理と運動、体重管理を心がけましょう。

妊娠中の体重増加は、標準体重から8~11kgくらいが適当だとされています。仮に妊娠中に10kg増加したとすると、その内訳は、胎児、羊水、胎盤などの重さが5kg、子宮、乳房などの組織増殖が1.1kg、残り3.9kgが母体の真の体重増加です。この3.9kgには、母体への脂肪沈着や水分の増加などがあり、これらによって分娩、産後の母体の準備を整えます。 13kg以上体重が増加すると、余分な脂肪や水分が母体内に蓄積されてしまい、分娩後に肥満を残すだけでなく、足腰の筋肉にも余分な負担をかけ、痛みを生じさせることもあります。 1日の摂取カロリーを約1,500kcalにして、脂肪を減らして甘いものを控え、間食やつまみ食いをやめるようにしましょう。水分と塩分をとりすぎるとむくみが生じやすくなるので、注意しましょう。また、妊娠36週でしたら、積極的に体を動かしても大丈夫な時期です。分娩まで食事管理と運動、体重管理にしっかり努めていきましょう。 (回答/天神尚子)

 

 

 

みなさんからの妊娠・出産・育児に関するご質問を待っています。「専門家の意見が聞きたい!」という人は是非ご投稿ください。

 

 

Q&A 病気やトラブルの影響

今すぐ使えるQ&Aが見たい人はこちらへ

先生に聞いてみよう!Q&Aの投稿はこちらへ

 

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。