もう着る予定の無いマタニティ服、どうしたらいい?

2016/01/29 09:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

妊娠中の時期にしか着られないマタニティ服。産後はタンスの肥やしになっているという人も多いのでは?買ったのに捨ててしまうのはもったいない!そんな時はお得に処分してしまいましょう。

 

マタニティ服は意外と需要がある!?

最近はマタニティ服を買わずに、出産まで過ごしてしまう妊婦さんも少なくありません。お腹の大きさや体型は人それぞれなので、小さめのお腹の人なら普段より大きめの服で過ごせてしまう場合もあるようです。しかし、マタニティ服は妊婦さん用に作られているので、お腹を締め付けず快適に過ごせます。そうとはいっても、妊娠期間中が終わったら使わなくなるのがマタニティ服。

 

何人か出産する予定であれば、念のため取っておくのが良いでしょう。次の子供の出産予定が同じ季節とは限りませんが、妊娠期間は長いので、季節をまたぐことになりますから、前に購入したマタニティ服は、どこかのタイミングで利用出来ます。 今後は着る予定が無い、という場合、身近なところでは、知り合いの妊婦さんに譲ってあげても良いでしょう。

 

もし周囲に差し上げる方がいないという場合は、ネットのオークションを利用するのも1つの手です。マタニティ服は意外と需要がありますので、比較的高く落札して貰えます。まとめて出すと全部落札してくれる人もいます。そうすると、発送の手間が少なくなりますので、出品する際にはまとめて出すのが特におすすめです。

 

リサイクルショップを活用してみよう!

他の方法として、最近はネットのリサイクルショップも多数あります。リサイクルショップの中には洋服を専門に扱うところもあり、マタニティ服も引き取ってもらえます。オークションに比べると値段は安くなってしまいますが、ネットのリサイクルショップの良いところは、ダンボールに詰めてお店に送るだけで良いという手軽さです。こちらからリサイクルショップに送る時の送料もかかりません。

 

さらに、着なくなったマタニティ服を寄付する方法もあります。古着を寄付した分、開発途上国の子どもたちにワクチンが届けられる取り組みをおこなっている団体や企業があるのです。利用方法は簡単で、ダンボールに詰めて集荷依頼をするだけ。専用の着払い伝票があるので送料もかかりません。お部屋が片付くのはもちろん、世界の子どもたちの幸せに貢献できるのはとっても嬉しいですよね!

 

このように、もう着なくなったマタニティ服をただ捨ててしまうのではなく、自分に合った方法で必要としている方に譲ってあげましょう。(TEXT:田中 リリー)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード