いざ出産!入院するときに利用すると便利なものって?

2016/01/30 17:00
カテゴリ│
コラム
中カテゴリ:

 

いよいよ出産の瞬間が迫ってきました。産着やおしめをバッグに詰め込んで、幸せ気分で入院準備をしている人も多いでしょう。ここでは、入院の準備をする段階で用意しておくと便利な物やサービスをご紹介します!

 

快適な入院は事前準備が鍵!?

出産を控えた妊婦には、病院から入院に必要なアイテムリストが渡されます。赤ちゃんが産まれてすぐに必要な物から、緊急時の連絡先を明記した書類など、その内容はさまざまです。でも、すべての必要事項が病院からもらうリストに載っているとは限りません。多くの妊婦さんが「準備しておけば良かった!」「これがあれば便利だった!」と後悔することもあるのです。 その「用意しておくと便利なもの」とはなんでしょう?

 

寝具はレンタルが基本

入院中は病院の寝具をレンタルするのが一般的です。シーツから枕カバーまで、必要なものはだいたい揃っています。ですが、多くの妊婦が出産時に体験する破水。この破水で病院からレンタルしているシーツやマットは、あっという間に汚れてしまうでしょう。ここで必要になるアイテムが、なんと「ペット用の大型シーツ」です。これは、かなりの優れもので、出産後の育児にも取り入れているママも多いのです。もちろん、寝具が汚れる事は病院でも十分承知していますので、気にならないという人には必要ありません。しかし、人から借りた物を汚したり使えない状態にしてしまう事は、やっぱり気が引けてしまうので用意したいものの1つです。

 

陣痛タクシーについて

そして、入院する際に利用したい便利なサービスもあります。いつどこで始まるのか予測がつかないのが陣痛です。また、いざという時に家族が一緒にいてくれるとは限らないでしょう。そんな時に妊婦を助けてくれるのが「陣痛タクシー」です。民間のタクシー会社が用意しているサービスで、陣痛時に連絡すると優先的に配車してくれるのです。また、助産師の講習を受けた乗務員が運転しているというのも、嬉しいポイントと言えるでしょう。料金は通常通りの運賃のみで、オプション料金が掛らない会社が一般的です。出産の予定日が近づいてきたら、予約を入れておきましょう。

 

陣痛が始まって分娩室に入るのを待っている時間は、痛みとの戦いです。ほとんどの妊婦が、汗だくになって痛みに耐える事でしょう。家族が一緒の場合は、うちわで扇いで貰えますが、一人で陣痛を迎えた時に役立つのが、身体に貼り付けるタイプの冷却シートです。陣痛時におでこやうなじに貼ると一息つけますよ。

 

このように、入院準備を万端にしておけば万が一のときも焦ることなく、快適に入院することができます。余裕をもった事前の準備が出産に臨むママを助けてくれるのです。(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

コラムの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。

コラムに関するキーワード