1歳児のプレレストラン体験!出張シェフの新年会レポート

2016/02/06 10:00
カテゴリ│
イベント
中カテゴリ:

 

こんにちは、日本バースデープランナー協会の吉田采都子です。お子様が小さいころは、キチンとしたレストランでの食事はあきらめがち。レストラン側もお子様連れはお断りのお店も多いですよね。少し大きくなって、いきなりレストランデビューした時に、親子ともに戸惑わずに楽しめるのがプレレストラン体験。今回ご紹介するのは、船橋市で活躍するバースデープランナー大出愛美さんと小宮山幸さんが主催するパーティコミュニティ【ファイブスターズ】で企画した「1歳児のプレレストラン体験 出張シェフのレストラン新年会」をご紹介いたします。

 

リラックスできるゆったりした空間で開催

 

レストラン体験…といっても、こどもたちがテーブルに落ち着いて着席している時間はわずか…。あきてしまっても歩き回れる空間は確保したいもの。今回、ファイブスターズが利用した空間はダイニングもゆったりめのマンションの共有スペース。親子共にゆったりと寛ぐことができます。

 

マナーやルールの前に楽しい経験をプレ体験

 

いきなりレストランデビューで陥りがちなのが、子供のことばかり気になりすぎ、注意してばかりで疲れきってしまうパターン。マナーやルールを叩き込むまえに、いつもと違うお食事のスタイルがあるんだ…と経験をさせることが大事。一番大切なのは「こんな素敵な食事のスタイルがあるんだ」ということだけなのです。

 


 

 

 

おめかししてお食事!子どもに選ばせると楽しめる

キチンとした服装で食事をする体験も身に着けさせたいひとつ。でも1歳後半ともなると、当日に突然気に入ったもの以外を着せると不機嫌になりがちなお年頃。前々から楽しみにさせることが大切。「明日は、仲良しのお友達とお食事会だよ!」「おしゃれして行こうね!」などと、数日前から楽しいことがあるとほのめかせます。お洋服は3パターンくらいをセレクトしたうえで、どれがいい?これ似合うね!可愛いね!など着ていくものを選ばせたりするのも大事。自分で選ぶと、そのお洋服を着ている間ご機嫌になってくれます。

 

おとなのようなテーブルセッティングに興味津々

 

テーブルセッティングはいつもと違うキチンと感をただよわせるのがポイント。あえてキャラクターや子供に媚びるアイテムを封印し、ちょっとモノトーンを入れたり、季節感などを漂わせたりすると、逆に子供の興味を誘います。また、楽しむ子、興味なさそうにする子、その表現は様々。大切なのは、子供たちの記憶にこんな食事もあるんだな〜と経験をさせることがゴール。

 

出張シェフサービスを利用して本格的な雰囲気を演出

最近話題の出張シェフサービスを利用すると、プレレストラン体験もさらに楽しい経験になります。「今日、お食事を作ってくれるのは○○シェフです」と子供達に紹介しましょう。「お食事が順番に運ばれてくるよ〜」「いつもと違うね〜」「盛り付けがきれいだね〜」と声を楽しく声をかけ、あまり注意したり、怒ったりしないようにしましょう。

 

フォトスポットは大好きなバルーンで演出

 

子供が大好きなバルーンを使って、フォトスポットを演出。記念撮影を楽しみましょう。全員がご機嫌な時をみはからい、オールスターズで撮影すると素敵な思い出になります。

 

いかがでしたか?
いきなりレストランデビューで外食が楽しくなくなった、疲れてしまったという話をよく耳にします。食事のマナーは叩き込むよりも楽しく経験し、自ら楽しんで身に着けようと思わせるのが大切。プレ体験を通して楽しく雰囲気に慣れてもらい、いつもと違う経験を親子でとことん楽しんじゃいましょう。

 


2013年パーティグッズ販売サイトBirthdaybankを立ち上げる。お部屋の飾り方やパーティのプランニングの方法を体系化し、日本バースデープランナー協会を立ち上げる。私らしく働く理想のスタイルを追い求め、バースデープランナー資格プログラムを開発。プランナー育成、レッスン開発に飛び回っています。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

イベントの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。