寒い冬の授乳もちょっとしたテクでぽっかぽか!

2017/02/18 19:00
カテゴリ│
ママネタ
中カテゴリ:
育児
授乳
母乳


こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。冬の夜中の授乳は寒くてついおっくうになってしまいますよね。だからといって授乳は待ってくれず、ストレスに感じているママも少なくないですよね。そして冬の授乳でママたちがいちばん気になり、心配しているのは「ベビーちゃんが寒くないか?!」ということです。そこで今回は、「冬の夜中の授乳」についてお話させていただきますね。

 

ベビーちゃんが寒くないように!

ベビーちゃんが寒くないよう、いろいろな工夫をされながら授乳されていることと思います。たとえば寝かせたままおっぱいをあげる添い乳。

 

添い乳ならお布団から出なくてもすみますよね。ですが、ベビーちゃんが小さいうちはなかなか難しく、抱っこでおっぱいやミルクをあげるママが多いのではないのでしょうか。

 

授乳時の工夫いろいろ

抱っこでおっぱいをあげる場合、胸も背中もはだけてしまうので、やっぱり授乳用のあったかインナーは外せません!

 

また、ミルクの場合はミルクセット(粉ミルクを入れた哺乳瓶・お湯の入った魔法瓶・ミルク用のお水)を枕もとに準備しておくといいですね。そのほか、抱っこした際にベビーちゃんにかけるブランケットを準備しておくといいでしょう。

 


あったかくする工夫

冬は、毛布と掛布団を利用し、寝ることが多いと思います。抱き抱える際の温度差を少しでも軽減させるために、親子共に毛布の代わりにスリーパーや着る毛布を利用するのもおすすめです。

 

だいたいの授乳時刻が分かってきたら、その少し前に暖房がつくようにタイマーをセットしておくといいでしょう。そうすることで乾燥が防げて、授乳時にお部屋が暖かく快適ですよ!

 

 

少しの工夫で寒さが和らぎ、冬の夜中の授乳も快適になれば、ベビーちゃんとの癒され時間に変わりますよ。


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 1
  • 0
  • 4
  • 0

既にクリックしています。

  • おばあちゃんからです。私達の時代には今のように便利なものはなく、冬の寒い夜の授乳に、ダンナが夏に着ていたランニングシャツを後ろ前に着て、肩口からオッパイが出るけど、胸の前は寒くなくて、、、と今のように授乳口のあるパジャマなんてなかったから!普通の前開きの時、試してみてください。

    2016/12/09 10:15

この記事にコメントする

残り2,000文字

ママネタの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。