休日・夜間でも頼りになる「小児救急電話相談事業」って?

2015/09/07 10:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

小さな子どもをが休日・夜間に急に発熱した、嘔吐した…そんな時、どう対処すべきか、救急病院へ連れていくべきなのか、非常に迷い悩みますよね。そんな判断に迷った時に、小児科医師・看護師に電話相談ができるありがたい事業があるのはご存知ですか。

平成22年7月5日から全国で厚生労働省によって行われている事業です。

 

使い方はカンタン

全国同一の短縮番号 「#8000」をプッシュすればよいだけ。
(相談料はかかりませんが、電話代はかかります。)

 

プッシュするとお住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師から子どもの症状に応じた適切な対処のしかたや受診する病院等のアドバイスを受けることができます。

 

 

 

適切な対処をしないためにも覚えておきたい番号ですね。都道府県によって実施時間は異なりますので、詳しくは「小児救急電話相談事業」ホームページをご覧ください。

 

 

(出典:厚生労働省ホームページ

この記事は小児救急電話相談事業(#8000)について(厚生労働省)をもとに作成しました

 


【関連記事】

 


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。