アロマとハーブでストレスフリーなプレママライフ

2016/02/27 15:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

おなかの中に赤ちゃんがいると、これまでの生活とはまるで違うことばかり。ストレスを抱えるママも少なくありません。そんなときママの日常にささやかな癒しをくれるアロマやハーブを活用してみてはいかがでしょうか。
アロマやハーブは天然成分ですから、妊娠中のママをやさしく癒やしてくれますよ。

 

 

気分と好みに合わせたオイル選び

アロマオイルといってもいろいろな種類があります。香りを楽しむだけなら、もちろん自分の好きなものがいちばん。アロマディフューザーやアロマランプを使って、香りを楽しんでみてください。きっと気分も変わるはず。 またアロマオイルの中には、さまざまな効能を持つものがたくさんあります。好みだけでなく、効能で選んでみてもいいでしょう。例えばレモンの香りは、リフレッシュしたいとき使われるオイルです。

 

また、ベルガモットは導眠効果も期待できるハーブなので、ほんの少しお部屋の空気に香りを足せば、「なかなか眠りにつけない」あるいは「ぐっすり眠れない…」というママを心地いい眠りに誘ってくれるでしょう。憂鬱な気分にはオレンジがおすすめです。ほかの柑橘系のアロマに比べて刺激も少なく、鎮静効果も期待できますよ。しかし、妊娠初期はつわりがあったり、体調面で不安定なのでほどほどに楽しみましょうね。

 

 

妊婦さんは控えたほうが良いオイル

つわりが落ち着き始める安定期に入ったら、芳香浴を楽しんでみませんか。オイルを数滴お風呂にたらせば、心地よい香りに包まれながら芳香浴を楽しむことができます。洗面器にお湯を張ってアロマをたらし、足湯にするのもおすすめ。身体や足がじんわりとあたたまり気持ち良いですよ。ユーカリやサンダルウッドの香りを使えば、風邪予防にも効果があります。

 

しかし、すべてのアロマが妊婦さんにやさしいわけではありません。なかには子宮を緊縮させてしまうオイルもあります。多くの人に使用されているジャスミンやラベンダー、カモミールなどの香りもNGとされています。どの香りがダメなのか、お店の人にしっかりと聞きましょう。最近では、「妊婦さん用」のオイルも販売されていますので、なにを選べばいいかわからない! というときはこうした商品を選ぶのも手です。

 

 

お手軽にハーブティー

「自分が好きなアロマっていまいちわからないし、アロマオイルを揃えるのにも手間がかかりそう…」という方は、ハーブティーを試してみてはいかがでしょう。最近では、ハーブティー専門のお店で、”プレママ用”のハーブティーも販売されています。プレママ用のハーブティーはノンカフェインであることが特徴です。

 

心がホッとリラックスすることはもちろん、商品によっては鉄分が含まれていたり身体の巡りを良くしてくれる嬉しい効果もあるようです。身体を芯からあたためることができて、いいことずくめ! いろいろ試してみて、自分がホッとする香りを探していくのもおすすめです。
 

アロマオイルのお店にいくと、たくさんの種類が並んでいます。フローラルなもの、柑橘系のもの、ウッド系のもの。店頭にはアロマごとの効能を簡単に説明してくれているところもありますよ。ハーブティーならさらに手軽に試すことができます。ぜひ、ご自分にピッタリの香りを見つけてみてくださいね。

 

 

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。