どこの電話もつながらない!そんな時に頼りになる「こどもの救急」サイト

2015/09/09 14:00
カテゴリ│
医療
中カテゴリ:

 

小さな子どもをが夜間や休日などの診療時間外に急に発熱した、嘔吐した…そんな時、サイトで、病院を受診するかどうか、判断の目安を提供してくれるサイトが「こどもの救急」。日本小児科学会が運営しています。

 

たとえば、38℃以上の発熱をした場合 

1.「発熱(38℃以上)をクリックします。

 


2.当てはまる項目すべてにチェックをいれます。

 

 

 

3. 病院へ行くべきか、行く場合はどういったことに注意すればいいのか、いったん様子を見る場合はどのように看病をすればいいのか、についてが表示されます。

 

 

小児救急電話「#8000」の実施時間帯以外だったときや、電話がつながりにくかったときなどに合わせて使いたいですね。

 

※対象年齢は生後1ヵ月~6歳まで。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

医療の新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。