出産前にしておきたい! ママ自身の準備は?

2016/02/27 15:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

出産準備といえばいろいろな物を買ってそろえたり、赤ちゃん仕様の家にしたり…。という話はよく聞きますが、ついつい忘れがちなのが、自分のこと。
出産前にぜひしておきたい、”ママ自身の準備”をまとめました。ママの準備もしっかりして、後悔のない産後を送りましょうね!

 

時期を見計らって美容院へ!

産後しばらくは育児で忙しくなり、ゆっくり美容院に行く時間もとれませんから、産前に育児がしやすい髪型にしておくのがおすすめです。特におすすめの髪型は、ボブから軽く結べるくらいの長さ。授乳でうつむいたときにも邪魔にならず、多少のびてきても気になりません。臨月に入ってから髪を切れば、出産時も美しい髪でいられますよ。

 

妊娠中は「なんだか髪につやがなくなったり、パサパサになりがちだった」という妊婦さんも多いそう。10ヶ月の妊婦生活を頑張った自分へのご褒美に、美容院でリフレッシュするのも良いですよね。

 

産後の服を用意しよう!

産後しばらくはなかなか服を買いに行く間もないまま、あっという間に時が過ぎ、1カ月健診やお宮参りに出かけることになります。そのときに着ていく服や靴、かばんは決まってますか? 授乳しやすい服であったり、赤ちゃんを抱っこしたまま脱ぎ履きできる靴、手がふさがらずいろいろ入るマザーズバッグはぜひとも用意しておきたいアイテム。

 

また、そうしているうちに季節はすぐに変わりますので、次の季節の服もすぐに出せるように準備しておいたり、里帰りでしばらく家をあける人は忘れずに準備して持って行きたいものです。わざわざ授乳服を用意しなくても、めくりやすい服であれば、授乳ケープで対応できます。その場合は授乳ケープを用意しておくようにしましょう。

 

今しかできない思い出づくり!

おなかの中にいたわが子との対面は、女性にとって人生で1番に幸せな瞬間かもしれません。だけど、慣れない育児でストレスは溜まる一方…。「自分の時間がこんなにもとれないなんて…。もっといろんなところへ出かけておけばよかった…」と思うママも少なくはないようです。子どもを連れて気分転換に遊びに行きたいにも、「未就学児以下は断り」というお店やスポットが多いのも事実。

 

子どもがある程度大きくならないと出かけられないことを見越して、産前には映画館や美術館、カラオケ、旅館や高級レストランなど、赤ちゃん連れでは行きにくいところに行っておくのも良いですね。しばらくは誰かに預けないと自分の時間もゆっくりとれなくなりますので、趣味や勉強など好きなことをしたり、旦那さんと2人で過ごす機会を増やしたり。また、おなかを出した写真が恥ずかしい方も、服の上からでも写真を撮っておくと良い思い出になります。産後に後悔しないよう、いろいろチャレンジしましょう! 
 

ついつい赤ちゃんの準備ばかり考えて揃えてしまいがちですが、ママにとっても大きく生活が変わるときです。髪型や服装、化粧品などを見直してみたり、いろいろな思い出をつくったり…。思い残すことなく心をすっきりさせたらいよいよ出産! 思い思い過ごしたら…気持ちよく育児のスタートがきれそうですね。

 

(TEXT:津田 玲)


  • 0
  • 1
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。