妊娠中のツラい腰痛…痛みを軽減させる方法は?

2016/02/29 08:30
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

日に日におなかが大きくなる妊婦さん。幸せとおなかが大きくなると同時に…、多くの妊婦さんを悩ませる骨盤の痛みや腰痛。

特に多くの妊婦さんは腰痛を感じるそうです。少しでも痛みを減少させる方法はないのでしょうか? 

 

ホルモンが腰痛の誘因? 

そもそも、なぜ妊娠すると腰痛が起こりやすくなるのでしょうか?「大きなおなかを支えているからでしょう? 」。もちろんそれも正解なのですが、実はほかにも原因があるのです。妊婦さんは妊娠3~4ヶ月頃に、”リラキシン”と呼ばれる女性ホルモンが分泌されます。

 

リラキシンは赤ちゃんがスムーズに、ママの骨盤のあいだを通ってこれるよう、関節やじん帯をゆるめてくれるホルモン。

これだけ聞くと赤ちゃんにとってもやさしい作用があるホルモンなのですが、ママにとってはちょっぴり厄介。ゆるまった骨盤を筋肉が支えるため腰に強い負担がかかってしまうのです。これも、腰痛の原因の一つです。

 

腰痛を悪化させるNG行動

もしかしたら無意識におこなっている行動が、腰痛を悪化させているかもしれません。妊婦さんならソファでゴロゴロ過ごすことも多いのではないでしょうか。特に、ふわふわソファに身体を預けると…心地よいですよね。でも、”やわらかい”ソファーで横になると腰に負担がかかってしまうのです…。普通に座る際にも、やわらかめのソファは避けたほうが良いそうです。

 

また、「妊娠中もスタイルよく見せたい」「身長が小さめだからヒールは欠かせない…」と、高めのヒールを履くのもNG! やはり高いヒールは危険なだけでなく、腰への負担もかかります。妊婦さんにはバレエシューズやあたかかくてフラットなムートンブーツがベストですが、どうしてもヒールシューズをはきたいときは、「かかとがしっかり」した3cm以下のヒールにとどめましょう。

 

あたためて腰痛をやわらげよう! 

腰痛を軽減させるなら、血行を促進させることも効果的。ややぬるめのお風呂にゆっくり浸かって身体をあたためることはもちろん、妊婦さんの必需品、腹巻をすれば腰回りはいつでもポカポカ。特に、シルク素材の腹巻は薄手なのに保温性が高いのでおすすめです。

 

また、妊婦さん専用のサポートベルトを使用するのも手です。ベルトがゆるんだ骨盤をサポートしてくれるので、腰痛が軽減するそう。腰痛がないママもサポートベルトを使用すれば、ゆがんでいる骨盤を矯正してくれる嬉しい効果も見込めるそうです。妊婦さんならぜひとも持っておきたいアイテムです。

 

妊婦さんを苦しませる腰痛。軽減させる方法はいろいろありますが、安易に”湿布”を貼るのは厳禁! 厚労省の発表によると市販の湿布薬の一部には、妊婦さんに影響を与えるものもあるそうです。自己判断で使用せず、まずは病院に相談しましょう。病院によっては、腰痛に効くマッサージを教えてもらうこともできますよ。

 

(TEXT:サトウヨシコ)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。