うちの子、お友だちにおもちゃが貸せないと困っているママへ

2016/03/04 10:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

こんにちは、日本コミュニケーション育児協会の珠里です。お子さんがお友だちと遊んでいて、「おもちゃを貸してあげられない」ことに、困っているママが多くいらっしゃるようですので、今回はそのことについてお話させていただきますね。

 

お友だちにおもちゃを貸せないのはダメ?

わたしはお友だちにおもちゃを貸せないことをダメだとは思っていません。もちろん、貸してあげられるようになって欲しいという気持ちはあります。ですが、案に貸してあげられるようになることだけがいいこととは思っていないのです。

 

ママは貸せますか?

例えば、大切にしているブランドものバックを「貸して」と言われ、即答で「いいよ」と貸してあげられるでしょうか?「金額が違います~!」というお声が聞こえてきそうですが、子どもは金額とかは分からないですよね。お子さんも同じ、大切なおもちゃを貸してあげることは、かなりハードルが高いことなのではないのでしょうか。

 

断ること、断られること

「いいよ」と受け入れることばかり学ぶよりも、いざという時のために、断り方や断られることを学べるっていいと思いませんか?断わってもいいし、断られることもあるということを学ぶことは成長の過程として必要ですよね。

 


 

 

 

貸せないことに気が引けてしまうならば

やっぱり自分の子どもがお友だちに貸してあげられないって、気になりますよね。そんな時には、お友だちには「貸してあげられなくてごめんね。今度一緒に遊ぼうね。」などと声をかけ、お友だちのママには「今、練習中なので貸せるようになったら、ぜひ一緒に遊んであげてください!」などとお声をかけるといいでしょう。

 

少しずつ貸してあげられるように♪

そうしていくうちに、3回に1回は貸せるようになっていきます。

 

おもちゃを貸してあげる♪

お友だちと一緒に遊ぶことができる♪

お友だちと一緒に遊ぶのは楽しい♪

 

このことに気がつくようになると、おもちゃを貸せる回数はさらに増えていきます。

 

 

「すぐに貸せるようになる!」という特効薬はありませんが、必ず貸せるようになりますので、お子さんが少しずつ成長していく姿を見守り、応援してあげてくださいね。


日本コミュニケーション育児協会(JCCRA)理事、トイレトレーニングアドバイザー®養成トレーナー、「子育てをもっとハッピーに!」をモットーに5人の子育ての経験を活かして、トイレトレーニングアドバイザー®として活動。その他「子どもの心と体に触れるコミュニケーション子育て」を発信しています。


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。