自分へのご褒美にも… 心が美しくなる冷え対策

2016/03/09 09:00
カテゴリ│
暮らし
中カテゴリ:

 

妊婦さんの大敵・冷え。冷えを甘く見ていると体に悪い影響が出てしまうかもしれません。今回は、ちょっぴり女子力が高い!? 冷え対策をご紹介!

ママの身体があたたまれば、おなかのわが子もきっと喜んでくれるはず…。ママの身も心も美しくなれる一石二鳥の方法です。

 

アロマ足湯で下半身の冷えを解消

妊婦さんが入浴できない時でも、すぐに体を温めることができるのが足湯です。バケツにお湯をはったら(くるぶしの辺りまでお湯が浸るものがベスト)、アロマオイルを2~3滴入れ、足を浸してソファーで過ごすだけ。ポイントは足し湯をすることです。バケツに入れたお湯はすぐに冷めてしまうので、近くに熱々に沸かしたやかんを置いておき、冷めたら足し湯をして温度を調節してください。そしてさらに保温性を高めるなら、バケツの周りをブランケットで覆う方法もおすすめです。

 

足湯に使うアロマは妊婦さんが使用しても大丈夫なアロマ、グレープフルーツやレモンなどの柑橘系にしましょう。妊婦さんがNGのアロマもあるので、お店の方に相談して購入すると安心です。心を落ち着かせてくれるアロマの香りに、じんわり心地よい足湯…いつも頑張っている自分へのご褒美としておこなってみてくださいね。

 

シルクの靴下で足元ぽかぽか

冷えは足下からくるともいいますから、下半身を冷さないようにすることがポイントです。妊婦さんなら腹巻や靴下を履いて冷え対策している方が多いですよね。特に、おすすめの素材がシルクです。シルクはサラっとした肌触りのよさ、薄手でしめつけ感のない質感が魅力ですが、シルクの魅力はそれだけにとどまりません。

 

冷え対策のために靴下を重ね履きしたり、厚手の靴下を履く方もいますが、環境によっては足に汗をかいてしまったり、靴の履き心地が気になったりもしますよね。シルクは通気性が良いので蒸れを防いでくれるうえ、保湿性も抜群! ガサガサしやすい足裏をつるつるにしてくれる効果も望めるのだとか…。これは使わない手はありませんよね。保湿性もありながら美しくもなれる、シルク靴下。ぜひ、試してみてください。

 

サロンで利用できるよもぎ蒸しで温める

冷えがひどいようなら、サロンで利用できるよもぎ蒸しを活用してみてはどうでしょうか。よもぎ蒸しとは、よもぎの葉を煮た蒸気で下半身からじわじわと温める健康法。最近では妊活をおこなうママのあいだで、密かな人気となっているそうです。また、韓国ではよもぎ蒸しをおこなうと"産後の肥立ちが良い"といわれているそうです。それくらい、身体をあたためる効果が期待できるのかもしれませんね。

 

よもぎ蒸しをおこなえるサロンでは、1回2,000円~3,000円程度で利用できます。サロンには妊娠している通う方も多いようですが、念のため「妊婦」ということを伝え、不安なことは前もって相談して予約すると安心です。気分転換にお出かけしてみるのも良いでしょう。

 

妊娠中に冷えがひどくなれば、血流が悪くなり赤ちゃんへの影響も心配になってしまいます。手足が冷たい方、おなかに触れるとヒヤッとする方は、冷え対策を少しずつ実践することをおすすめします。冷えは母体の免疫力低下にもつながりやすいため、感染症予防としても実践してみてくださいね。

 

(TEXT:佐藤 真由美)


  • 0
  • 0
  • 0
  • 0

既にクリックしています。

この記事にコメントする

残り2,000文字

暮らしの新着記事

はじめての方へ

クックパッドベビーとは

赤ちゃんの笑顔でいっぱいに。赤ちゃんがニコッと笑うとそれだけで幸せ。「クックパッドベビー」は、妊娠から育児までの信頼できる情報と、みんなのリアルな声が集まるところです。赤ちゃんの笑顔で、周りにいる人みんなを幸せにします。